FC2ブログ
安山岩の地層
- 2019/06/10(Mon) -
朝日22 造成工事 6

造成工事をしている山の上の地層は、ボーリングデータ通りに風化した安山岩です
深く掘れば、密度の高い安山岩でバイブレーターなしには掘削ができない
建築の基礎工事を専門にしている土木の工事業者さんでは太刀打ちできないので、
慣れている土木の専門業者さんにお願いしている

 建物の基礎をする前に、ある程度支障なきように土留め等を済ませようと・・・・進めている

大川オアシスから絹島がすっきり見えるが、その向こうはモヤの中
今朝のどんよりした東の空は瀬戸内独特の霞がかかったような・・・・・霧の向こうのまだ見ぬ世界を想像させる日の出
テオ・アンゲロプロス監督の 『霧の中の風景』 を思い出しながら・・・・



造成工事 4 造成工事 5


この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
耐震対策講習会
- 2019/06/09(Sun) -
達人 花井 1 訓練校2
昨年に引き続いて、名古屋から来られた、耐震診断と施工についての先生方の講習を受けた
金曜日には、座学で、パソコンにテスト版の診断ソフトをインストールして、課題演習を二問
思い出しながら、取り組む
ほとんど忘れていると思いながら、使い始めると少しは思い出して回答を検討する

よく土曜日は、丸亀の職業訓練校で実物の建物を使った、補強方法の施工について模擬演習
インパクトドライバーを取り前しながら、三組に分かれて、実習を済ませる

昼からの生花の稽古のために高速道を飛ばして丸亀から三本松へ

練習課題
写景盛花様式本位 <四季>
谷渡りと バラを使って
思い出しながら・・・・・いけてみた。

訓練校3 写景盛花様式本位 谷渡り2


この記事のURL | 建築・民家再生・住まい方 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ショールーム再見学
- 2019/06/07(Fri) -
ユニットバス壁面1 ユニットバス壁面2

現在進行中の山の家、衛生陶器などの再確認のため、クライアント夫婦とショールームに予約してうかがってきた
少しの色の検討のことでも、目で見て自分で決める満足感を得るには、この過程は避けて通れない
すべて設計者にお任せという人もいるが、少しぐらい決めさせてほしいという要望もある

そしてこの建物造りに参加意識が高まる・・・・・竣工まで
この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
駐車場の白線
- 2019/06/04(Tue) -
白線機械1  [広告]

坂出のマンションの駐車場
ライン引きのし直し リフォーム工事
白線引きの機械は、操作が複雑そうだが、手際よくいろんなレバーを操作しながら・・・・・ライン引きができる

職人さんの手際よい操作を見るのはこの仕事をしていて、楽しい見学の・・・・時でもある

我家の庭に蝶々が羽を傷めて・・・・バタついていたのが・・・・痛々しい!  朝見た景色

落ちた蝶2  [広告]

この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
紫陽花の咲く頃
- 2019/06/03(Mon) -
アジサイ342 ガクアジサイ43
庭のアジサイが咲き始めた
うっかり、水遣りを忘れていたダンスパーティーも水を遣ると 元気に葉を伸ばしてくれた
ガクアジサイ   メラレウカ・アルミラリス 
名前を知らない紫陽花もある

もうすぐ梅雨なのだと教えてくれるかのように

早朝の家庭倫理の会では、夏季課題の御手本を Y 先生が半切に書いてくれていた
眺めながら、 Y 先生の 心の姿勢 まで伝わってくる


ダンスパーティー32 メラレウカ・アルミラリス2

       ガクアジサイ55                 夏季課題21



この記事のURL | 植物・生花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
教授者研究会
- 2019/06/03(Mon) -
旅客船45 優秀作42
昨日はレグザムホールで生花の研究会
年に一度の地区別教授者研究会という名の三級以上の人が対象
60点満点の 文章テスト:30分
100点満点の 瓶花:50分
昼食
100点満点の 盛花:50分
課題の解説の優秀者の発表と表彰

試験勉強の時間不足で文章テストがお粗末でした
生花の採点も、いつもしている研究会より-5点~-10点 という厳しさ

受験するのは時間を取られ仕事や生活にも支障がありそうですが、習うことの大切さを想うと何より・・・刺激的です

優秀作32 地区別教授者21

正面・写景盛花 様式本位 燕子花2 横・写景盛花 様式本位 燕子花1



この記事のURL | 植物・生花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ