FC2ブログ
思い出す歌
- 2019/03/12(Tue) -
イベリス・センパビレンス3 クリスマスローズ2
この日になると思い浮かべる歌がある

・・・・・待っても待っても戻らぬ恋でも
無駄な月日なんて ないと言ってよ
めぐり来る季節を数えながら
めぐり会う命を数えながら
・・・・
   <誕生:中島みゆき>

あの日から、いつしか8年も過ぎたのに
東北の震災の悲しみは消えない
思い出すたびに、家族を亡くした人たちの悲しみが
私達の心に奥深くこの歌が響く

庭の花
イベリス・センパビレンス
クリスマスローズ
キスイセン
スイセン

キスイセン3 スイセン4


この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
とらまる座の寄席
- 2019/03/11(Mon) -
飛行機雲2  露の新治寄席3

継続は力なりという言葉通り、今年で26年目にもなる地方寄席
土曜日の夕方、西空に飛行機雲が伸びるころ
とらまる座のホールに人が集まり始めて、露の新治寄席が始まった
この寄席を知ったのは、昨年からなので、私には二年目のことになる
楽しみは、柳家さん喬師匠の古典落語ですが、想定外だったのは、露に新治師匠の人脈と東かがわ市での会と共に
綾川町で行われる寄席。
二日連続のツアーなのだと最近知った。
とらまる座での客数は二階席はほとんど無くて、170~180人と少なかった
露の新幸さんのブログによると、綾川町での参加者は500名という多数であったという。
これも、主催者の方々の準備と行動力でしょう。
昨年の11月から、綾川町ではチラシを配って呼びかけをしていたということが、書かれていた。
東かがわ市とらまる座での少ない人数に対して、講演者になんとなく申し訳ないと思ったのは私だけだったでしょうか。

時うどん:新幸
転失気(てんしき):新治
短命:さん喬
中入り
きせる:新治
変面・マジック:亜空亜SHIN
福禄寿:さん喬

露の新治さんの二席目「きせる」は、O・ヘンリーの「賢者の贈り物」の日本版。
圓朝作、圓生師匠が得意とした「福禄寿」は、柳家さん喬師匠の個性にぴったりの人情物
聞きながら名人芸だと思いつつ。
楽しい週末。

とらまる座54  とらまる座55


この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ショールーム見学
- 2019/03/09(Sat) -
消防の立ち合い調査1  山の上から2
金曜日の早朝から、中山町では消防署の視察があり、それに立ち会う
申請書類等の指導をされて、予定の内容は終了

生島運動公園の向こうに直島
香西の埋め立て地の向こうには女木島
瀬戸内の山の上からの景色は爽快

時間が取れたので、お客さんを誘って現在計画中の建物のためにショールーム見学
創作家具shop、 TOTO、 Bess カントリー風のBESSはTVで見たので一度見て見たいということで
参考にと同行したが、住まいの中身がそのまますぐ住めそうな様相なので違和感なく見れた
TVの影響は大きいのだと感心しながら
沈丁花は満開
リラの花は蕾をつけて
本日の生花の稽古は 花展用に観水型の稽古
書道は、広島の先生から添削されたものが励ましの手紙を添えて、本日届いた


見学bess1  見学bess2

見学bess3  見学bess4

沈丁花満開  リラの蕾1

添削33  観水型4 





この記事のURL | 建築・民家再生・住まい方 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)
- 2019/03/07(Thu) -
伊弉諾神社 さざれ石 伊弉諾神社 参道0

淡路島の伊弉諾神宮にて、五日(火)長男の結婚式を行なった
国生みの伝説で有名なこの神宮には初めて来たが、長い参道と広大な敷地にこの神宮の威厳を感じながら拝観する
本殿の中央に象徴的な柱が建てられていて、そこを回るように新郎新婦がお参りをする、その形式にも珍しいものを見た。

雨の合間の晴天の日差しが何よりもうれしかった
家族ともども、一安心・・・・
我が家の玄関先の沈丁花は満開で柑橘系の香りをまき散らすかのよう

記念にと、帰ってゆく長女が切り花にして香りと共に持ち帰る

伊弉諾神宮3 伊弉諾神社 為書1

伊弉諾神宮2 伊弉諾神宮1

沈丁花赤1 沈丁花白1




この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
二月三十一日
- 2019/03/03(Sun) -
本をどう読むか1  時計2月31日1

本を読みながら、腕時計を見ると日付は『31』 になっている
そうか、二月であれば三十一日なのか?
しかし二月は二十八日までなので今日は三月三日
三日間はどこへ行ったのだろうかと、貴重な日にちが減ったかのような錯覚に陥った

その時に読んでいた本は、岸見一郎さんの『本をどう読むか』

多読の著者らしいタイトルだが、近年本離れが嘆かれている世相を反映して、いかにも出版社からの
要請といえそうな、 内容でもあった。

先日、友人から 
『本を読んでも集中できない‥‥』 嘆きとも言えそうな言葉を聞いて
ちょうどこの本は最適の本ではなかろうかと、連想した

確かに、読みたくない本、長編の本は読むのが、心を重くさせ、文章が心に届かない事がある
目は、活字を追っているが、内容が心に届いてこない。

しかし、読みやすい文章、読みたかった本、の場合は、ついつい時間を忘れて読んでいる。
心と本の関係は、意外とそんなものかと思うことさえあるな~

感想文を義務づけられていない分、快適に読み進めることができる
同じ本でも、二十代に読んだ本を、六十代になって読み直すと 全く新鮮な文章に出会ったような気持ちにさえなる

昔読んだ本も、最近気になった本も 興味が沸く本こそ・・・・心の刺激になる本だ

今年の新年競書
『玲瓏として 玉の 人格』

昨日の生花稽古
 観水型盛花 
さんご水木・バラ・レザーファン
花留めは七宝
花器は尺一丸水盤

観水型盛花2  玲瓏として玉の人格1


この記事のURL | 書道・書棚から・整理整頓 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
地面にぴたりと鼻をつけ
- 2019/03/01(Fri) -
ピーターライス1 オーヴアラップ1

「私はちょうどキツネを追いかけている猟犬のようなものかも知れない。地面すれすれの動物を追っているせいで、
いったい自分がどこに向かっているのかわからなくなってしまう。地面にぴたりと鼻をつけ、獲物の軌跡を逃すまいとしているのである。」

構造エンジニア:ピーター・ライスの自伝に最後に書かれていた言葉である

シドニーオペラハウスを皮切りに、ポンピドーセンター。ロイズ保険本社ビル。シャルルドゴール空港。関西国際空港ターミナル。など
20世紀後半に完成した名だたる建物の存在は、この人の存在なくして完成しなかったであろう。
オーヴ・アラップのエンジニアスタッフとして、世界中を一か月に一周のサイクルで飛び回り駆け抜けて
そして1992年に、57歳という若さで、逝ってしまった。

同じ方法や工法はしない。毎回違う工法とアプローチで、観たこともない構造システムを作り上げる
まさしく天才肌の人
このような人がいたから、21世紀の新しい門出が引賭けたのかと・・・・・思う。
建築家をサポートしてくれるこんな頼もしい人は、かつていただろうか?
今でこそ、構造エンジニアの名前が建物と共に語られるようになった。
感動と勇気を私たちに与えてくれた人・・・・・ピーター・ライス

香港上海銀行1  香港上海銀行2

シドニー2  シドニー1



この記事のURL | 書道・書棚から・整理整頓 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ