高松港
- 2018/07/05(Thu) -
高松港全景

日曜日に観た、高松港の全景
県民ホールの4階から望む、西はサンポートの処から東は屋島まで
抜けるような青く澄んだ空と白い雲、瀬戸内の晴天の景色は清々しい気持ちにさせられる

事務所横のスズメの巣からさえずりの声は聞こえなくなった
勝手口の足元には巣から落ちてきたスズメの卵
野鳥の襲われては全部撤退してしまったのだろうか?
静まり返ると勝手口のことろも寂しい気にもなる

深夜の楷書稽古
金子鷗亭 臨書 唐・顔真卿(がんしんけい)・李玄靖碑(りげんせいひの)・祭姪稿(さいてつこう)

スズメの巣 スズメの卵2

金子鷗亭臨書

 
この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
頭上の朝焼け
- 2018/07/03(Tue) -
朝日火曜日3

朝日火曜日4   アメリカハンゲショウ3
深夜から放映されているワールドカップの試合を観ながら身支度を整え、着替えて車を出して・・・
最後の挽回される頃には、大川オアシスの駐車場に車を止めて聞いていた

目の前には見事な朝焼けのパノラマが360度、朝焼け雲に包まれているような壮大な景色
刻々と変化する試合展開にハラハラしながら  朝焼けの景色のダイナミックで力強い展開の様相に感動

雲のまにまに見える景色は、ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した宇宙の惑星写真の景色とそっくり・・・

事務所横の石臼に生けたアメリカハンゲショウは花の穂を伸ばしてエネルギッシュ

坂出の現場は、狭い中を大工さんと家具屋さんが入れ替わりながら仕事を進めて
外では、バリカーの取替を済ませる

昨日、一昨日の楷書と行書は西川寧 臨書

ティーブレイクは、水大福とミルクティー

楷書 西川寧臨書  行書 西川寧臨書

水大福3




この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
審査員ギャラリートーク
- 2018/07/01(Sun) -
VPS
県展2
今日から香川県立ミュージアムにて書の部門の展示
お昼一時半から審査員によるギャラリートークがあるということで、午前中はちょうど隣のレグザムホールで生け花の研究会
少し時間に余裕があったので事前にすべての作品を見せてもらってから
ギャラリートークに参加させてもらった

やはり、審査員の話は聞いてみるものです
観るポイント、受賞作品の秀でた部分、全体的な印象等
4名の審査員がそれぞれ部門別に受賞作品を解説され、受賞者も共に作品の横で聞くという珍しい体験
各審査員の個性もよく判り楽しい雰囲気で聞けた

また今日から稽古に励もうと刺激をもらった・・・・・香川県展   書の部  でした

日本画部門の県知事賞は昨年に続いて 馬場さんが受賞・・・・・この作品にかけたエネルギーに感動!

午前中の小原流の第三回研究会は 90点・・・残念ながら準優秀の旗は立たなかった

書 知事賞2  審査員解説1

審査員解説2   審査員解説4  

   審査員解説3     日本画知事賞2    研究会3

[広告]



この記事のURL | 書道・書棚から・整理整頓 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アンカー最後の言葉
- 2018/06/30(Sat) -
ナデシコ4


一昨日、デコポンのマーマレードを作っている最中に TVを観る他所事をして焦がしてしまった
それは、一月前にリンゴの赤ワイン煮の時も同じように本を延々と読んでいて、残念ながら鍋を焦がしてしまった
そして大切な食材(リンゴやデコポン)も一つの鍋も破棄してしまった。 
このことで、心の中でくすぶり続けて悔いを残していた
このまま何もせずにしておくと、ジャムを作ることや煮込み料理への苦手意識が芽生えてしまう
これを克服するには同じ料理を再度作り成功させるのが一番良い。

ヨシ!・・・ 、意を決してこのリベンジですと ジャムを作る段取りを考え・・・・て
入れ物も心機一転、マーマレードを入れるガラスのタッパを志度の西村ジョイで買いにいく。

そのお店の玄関先で見つけたナデシコの苗を・・・・・気になって帰りがけに・・・・衝動買い

本日一気呵成にリンゴは朝食後すぐに
オレンジは昼からフライパンと手持ち鍋で

料理中のBGMは NHK 聞き逃しらじるらじる 再放送
ラジオ深夜便: 6月29日(金) 村上里和アンカーの最後の言葉
人柄を感じる、そのお別れのあいさつに感心しながら・・・・・・もう一度聞きたいと思い
メモを取る

『けさの東京渋谷の空は雲がまだ多いですが、 透明感のある青い空の色がだんだんと力強さを増してきました
・・・・今日が穏やかで優しい一日になりますように、そして皆様に笑顔になる瞬間が訪れますように・・・お元気でお過ごしください』


夕方、ナデシコの三色の苗を花壇に植えてみた

ナデシコ3  ナデシコ2

 オレンジ2     オレンジ3     ジャム出来上がり
  






  
この記事のURL | 映画・TV番組・音楽 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
楷書の稽古再び
- 2018/06/28(Thu) -
楷書30
書家、新井光風さんを知ったのは、NHKラジオ深夜便の「明日への言葉」のインタビュー
その中で、新井さんの師匠に当たる、西川寧(ひさし)さんを語る部分で
西川寧さんの楷書に迫力に感動して、いつかこの人の元で、学びたいと考えて、27歳の時に弟子入り

それほどの楷書なのかと・・・・・西川寧さんの楷書の手本を取り寄せて、楷書の稽古
なかなか楷書も・・・・いいなーと思いながら

昨日、霧吹きを購入しに西村ジョイに行ったことろ
玄関わきの花・苗売り場のマリーゴールドが気になって・・・・帰りに苗を購入
そして今朝、プラントBOXに植え替える

楷書 西川寧2  楷書 西川寧

マリーゴールド  マリーゴールド1

マリーゴールド2  マリーゴールド3



この記事のURL | 書道・書棚から・整理整頓 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
バリアーのあるレストラン
- 2018/06/27(Wed) -
駐車場ウエリントン
 11時開店の前から駐車場に車が入ってくる。
営業開始のドアがオープンする頃には10台は来ている
中に、養護老人ホームから来られたと思われる車が3台
付き添いの介護者の手助けを受けながら杖を突いて、または手押しのカートを押しながら玄関までこられて
玄関脇の手摺につかまり、介護の人の支えを得ながらお店の中へ入っていく
その間にも、中年の女性の人達が席を奪うように足早に入口へ
オープンして間もなくの11時頃の来店客層は60歳以上の人がほとんど

そして11時半には駐車場も満車、外で入れなく止まっている車もある
店内は満席でウエイティング席にも並び立ち座れない人が、受付で記名だけして外に出てきている
外の喫煙できる灰皿の前で、サラリーマン風のグループが喫煙しながら雑談している

早く来る人は、このお店が入口も店内も段差があることは承知の上で来られている
このお店の売り物のハンバーグは来る前に、要介護の施設でここに来ることを承諾するか、期待して来られているのだろう
又は、一つのレクレーションの食事タイムかもしれない・・・・

入口などの段差はそれを乗り越える覚悟を決めている、介護する人の手を煩わせても‥‥このお店のハンバーグを食べようという意気込みさえ感じる
歳の頃なら80代後半から90代の人達と思われる杖を突いてこられている人たちを観ながら、バリアーフリーで無くてもかまわん!
総入れ歯の私たちが生きてる間に旨いランチを食べたい!
介護の人に腕を支えられながらすり足で車から玄関へ進んでいる老人たちをつぶさに観ながら幾つもの感心するシーンを見せられた

幾つ年をとっても、旨いものを昼から食べたい!
階段というバリアーがあっても、入っていく!

店舗を設計する身としては、勝手にバリアーフリーにこだわって要介護の人達への関心ごとを中途半端に観ていたのではと反省させれた
90歳を超えた、総入れ歯の人達に対しても、本当に旨いハンバーグを作るとお客様はバリアーを乗り越えてこられる。
そんな励ましにも似た、階段を上がって入るお客様の光景を観ながら・・・考え方を少しシフトしなくてはと再考を促された気になる

そして、リフォーム工事の泉さんのブルーシートを張った仮設には感心させられながら・・・・大工工事のスタート

昼から山の上で、電柱の移設と鋤取りの準備、確認申請上の進入路の最終確認

急遽ホテルの支配人さんから電話・・・三本松ではユニットバスのカランの補修の立ち会う

仮設1  仮設3

山の上3  カラン コマ交換1








この記事のURL | 建築・民家再生・住まい方 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ