FC2ブログ
ほんまもん001

直感とひらめき

フリージア1
ハーバード大学のマシュー・リーバーマンという脳科学者は
「直感」という大論文で「直感」は線条体から生まれると書かれている・・・・(脳科学者の)池谷裕二曰く

その<線条体>は自転車などの乗り方を覚えておく運動脳をつかさどる部分らしい。
滑らかな動きを受け持つ脳(線条体)は、直感とほぼ同じことを受け持つから不思議だ。

そして
エリザベス・ソーウェルという研究者によると
大人の脳で、成長し続けるところが二つあるという。
その一つが前頭葉、もう一つは線条体だという。
年齢に関係なく、成長し続けることがうれしい要素。

物作りの創造力=意欲(前頭葉)×経験(側頭葉)だという。
だから、年配の建築家のような常に創作活動をしている人に、若い者はかなわないという!

「直感」を鍛えるのは、若いときからの反復練習と「経験」の数量に関係するとのこと。


直感とよく似た働きで<ひらめき>というのがあるが、これは大きな違いがあるらしい。
後から因果関係の説明がつくのが「ひらめき」
知識や経験と電気的なシナプスが伸びて、イメージの一致する現象と私は理解している。

なぜそのようなことをイメージできるのか・・・・・
そういう理由がわからないのが、「直感」だという。

見えないものを見る目
まさに「観の目」を鍛えるのもこれだと思っている。

いづれにしても、創造的な仕事をする人にとって、鍛えるとこの一番は、身体能力と
線条体の「直感」だといつも思っている。

心身相即的関係だというから・・・・・
体が貧弱では、脳もひ弱になる。

今朝、畑でカラーの花を眺めながら・・・・・・線条体の<直感>のことに思いを馳せていた。

カラー1
スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.