FC2ブログ
ほんまもん001

解体と再生-1

先月から、雨のよく降る日でも、ブルーシートの素屋根の下では
補修方法をを検討しながら、着々と進められてきた。

築後約60年の,「鶴羽東町の家」の家では、入母屋の破風板の取替えも完了
(垂木と破風板は、新しくヒノキ材にした)
やっと屋根の仕舞いにめどがついてきた。

瓦屋根から・・・・垂木まで撤去して、レベル墨だしと建物のゆがみを補正
出し桁部分のレベル調整など、後ろ向きの工事が延年と続いた。
化粧野地板を1階・2階とも張り終えたところ。
その頃、1階の床壁は解体の真っ最中。
朽ちている部分と、再利用可能部分を大工さんと相談しながら解体作業を進める。

床を撤去してみると、
数年前の床下浸水跡がよくわかる。

今回の工事で、全面土間コンクリートを打設するので、その関係もあわせて検討しているところ。

壊すのも、少しずつ、大工さんと相談しながら進めている。
1階の床2

1階の床1  1階解体1  1階解体2

屋根の下地1  屋根の下地2  屋根の下地4

屋根仕舞い1




スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.