FC2ブログ
ほんまもん001

花筏 (はないかだ)

小さな社の階段の上をまたぐように枝を広げた桜
その桜のトンネルをくぐり抜けて階段を駆け上がるように歩く
なんという気持ちよさなんだろう。

三本松へ車を走らせて見つけた、地元鶴羽のの桜ビューポイントのひとつ

カメラを向けていると、背中越しに隣の奥さんらしい人から
「この桜、本当に見事ですよねーーー」と声をかけられた

この木には日本人の心を高揚させる力があるのだろうか?
なんとなく、緩むような季節感と
花見のような、浮き足立った気分にさせてくれる。

桜を眺めながら、年を重ねるごとに観賞する力が増すのだろうか?
10年前にはこんな風には、思わなかったような気がする。

桜の階段1

      斜面桜1    馬篠桜2


本日の和菓子
桜の花びらが水面に落ちてその塊が筏のように流れる様を<花筏>というらしい
それにちなんで、桜の羊羹の銘を「花筏」としよう。

大小の花ビラは型抜きで白い羊羹で
周囲を、桜餡の羊羹で包む。

煎茶にちょうどよい。
三本松のMさんにも、沖縄の<きつぱん>と交換するように・・・・・おすそ分けする。

                    花びら1

桜羊羹1
スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.