FC2ブログ
落語を聴きながら
- 2010/03/21(Sun) -
映画の「歓喜の歌」で知ることになった、志の輔の落語を本日2題観ることができた。

江戸中期の思想家、荻生徂徠(おぎゅうそらい)の伝説を題材にした<徂徠豆腐:そらいどうふ>

鼠小僧次郎吉の逸話を題材にした<しじみ売り>

立川志の輔の『志の輔らくごでin PARCO』をwowowで見ながら、いつしか読んだ森信三の言葉を思い出していた。

「陶芸家の河合寛次郎という人を知るには、師の柳さん(柳宗悦)の光に照らして見ないと、その本質は十分に分からんでしょうね。・・・・・」

志の輔の向こうにきっちりと稽古をつけた師匠の心意気を感じてしまう、見事な落語2題だった。
志の輔の取り組みもさすがだと思うが、そのヒントをくれた師匠もそこに感じてしまうものだった。

その師匠、
「立川談志」という落語家は志の輔や談春の様な超人気現代落語家を育てたのかーーーーーと力量を感じながら。
どのように、そのエネルギーを彼ら自身の中からほとばしるように育ったのだろうか?
寄席とは違う、一般コンサートホールで落語を聞かせる新しいタイプの噺家ばかり。
個性が其々違う噺家を、よくぞ育てたものだと。


落語の背景は江戸中期の庶民の生活と実在の人物のエピソード話だが、現代人の心に感動を伴って響くにはそれなりの解釈と語りかける人間的な力量が不可欠だろう。

人間の崇高さをひらたい言葉で語る人情味ある落語話に、今日は笑いと感動の涙で受け止めさせていただいた。

荻生徂徠(おぎゅうそらい)も鼠小僧次郎吉も其々人の恩に懸命に報いようと生きた実在の人物だったんだと

志の輔1 志の輔2
志の輔3 志の輔4






スポンサーサイト



この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<駅逓(えきてい) | メイン | 本日オープン>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ryoken.blog3.fc2.com/tb.php/960-8ad3648e
| メイン |