FC2ブログ
ほんまもん001

着物のこと

今日は成人の日、ちょうどお昼に高松駅へ子供を送りに来た時に見かけた風景。
シンボルタワーのホールで成人式を済ませた後のようだった。
着物姿の若い子達が精一杯に着飾ってどの子も親の援助の元にここまで来たのだろう。
我が家がそうだったので、ここまでくる以前のことがよく分かるし、他人事とは思われない。

今の日本では、このときばかりは特別な行事なのだろう。
子供を成人させるのが、親の役目、その大きな節目が今日の式典。

振袖姿は其々違う模様柄、洋服姿の女子は殆んど見かけない。

そういえば、我が家へも昨年はよく着物の業者からDMが届いていた。
着物業者もこの時が一番の着物市場なのだろう。
                  成人式市場

丸亀町一番街のギャラリーでも昨年末から茶の湯展があり、茶席券を買って行って来た。
濃茶席が石原宗恵 (石州流讃岐清水派石州会)
煎茶 が高橋初乃 (安部流)
点心席が イタリアン 中野誠司+石原幹子

成人式の振り袖とは違う大人の着物姿を見かけながら

石原先生、石州流の格式を重んじるお手前を懐かしく記憶を辿るように拝見させていただいた。
又、高橋先生独特の気さくな煎茶手前は今回が初めて、上等な煎茶であることが一口含んだだけで判った。

そんな「遊にあらず 芸にあらず 内田繁 茶の湯展」を堪能してきた。
高橋初乃01 石原宗恵02

風炉01 石原04

高橋02 煎茶手前01

お茶花は内田繁の花入れ(ベネシャンガラス)に寒アヤメと紅梅
寒アヤメ
スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.