FC2ブログ
ほんまもん001

栴檀は双葉より芳しい(せんだんはふたばよりかんばしい))

リフォームを検討中のお家を尋ねて、若主人から先代の資料を見せていただいた。

それは 私の高校の先生であり、後の施主でもあった人。

その人の大人になってからの姿や実績を先に知ると
幼い時のことは、なかなか分からないし想像しにくいもの。

でも、「栴檀は双葉より芳しい」と言う言葉の通り
三本松の M 先生の小学生の頃の書道とか教科書ノートまた中学時代の教科書の記入を見て
松山にある 伊丹十三記念館の展示物と本当にとよく似ていると思った。

後のその人の人となりを知っている私としては、大変興味ある教科書だが、
70年前の資料を観ると、幼い時の M 先生の利発振りがその紙面からはっきり浮かび上がるものだ。

その教科書の紙面、そこに書かれている、太明朝の大きさと 行間のスペースの確かさ、縁空きの余裕
そして、何より戦前の日本の教科書の内容のレベルの高さに思わず感嘆した。

教科書の中に、もう殆んど使われない 「渇仰」(かつごう)と言う言葉を見出しながら。
私は、70年以上も前の事に思いを馳せていた。

中学教科書国語
                       教科書の中身

そして、今年の和菓子、私として最高に旨かった 、素朴な素材と見栄えだが
手を抜かず、丁寧にきちんと作られた職人の魂を頂くような食べ応えのする、「たから」の栗きんとん を思い出しながら。
M 先生の教科書を心の中に見出す。


栗きんとん


スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.