FC2ブログ
ほんまもん001

旅行のお守り

先日、家内が長女とともにイタリアへ旅行に行った。
家内への長年の苦労をこの夏休み中にお返ししようという、外国の航空会社に勤め始めた長女の心遣いだ。
私は、犬とネコの世話をしながら仕事と留守番ということになった。

この旅行には少し前から、家内は私や家族に相当気を遣っていた、自分勝手に行くみたいで随分気が引けている風だった。
そんな家内の表情を眺めながら、折角の海外旅行なのに、気持ちが後ろ向きでは楽しむことも出来ず、心苦しいものになるのじゃないかと、むしろ見送る側のこちらが気がかりだった。

そして先日、例によって水主神社へ連絡してお守りを頂くよう手配していたら、宮司さんがどれがよろしいですか、半紙の上に広げてくれた。
一つだけを頂くつもりでいたが、ビニールの袋にも入って少し小ぶりの神社名入りもいいなーと思い、両方頂いてきた。

そのお守りを手渡すと、家内は「エーッツ こんなに気を使ってくれて・・・・!」その後は言葉にならなかった。

ついでに手紙を書いたが、目の前で読まれるとこちらが恥ずかしいので

「また明日にでも封を開けてなーー」といって手渡した。

そして深夜にイタリアから、無事着いたと、元気そうな二人の写真とともにメールが届いた。

今朝の我が家の庭は、雨を受けどの花も滴るような露を溜めて満開でした。
お守り1

サルスベリ1 ムクゲ1

ツユクサ1 ハナヤツデ11

                       手紙12

日曜日に食卓の上を見ると、出かけた後の家内からの置手紙があった。

そこには
お守りのお陰で少し心強くなれたみたいで、おみやげ楽しみにね・・・・・・・行ってきます。と元気よく結ばれていた。



スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.