FC2ブログ
ほんまもん001

幼虫・害虫・人の幼虫

山椒の木に止まり、新芽を毎年食べているのは、アゲハ蝶の幼虫
あの脱皮した時の見事なアゲハチョウの羽根は幼虫の時には想像すら出来ない。
むしろ、醜い昆虫というほうが相応しい姿をしている。

それにしても、きちんと味見がわかるのだろうか、山椒の葉の一番美味しそうな、新芽ばかりを食べている。

アゲハ幼虫2 アゲハ幼虫1

クマバチがムクゲの花に止まって蜜を吸っている。
花粉が足元について、お陰で他の花へ飛んでいって・・・・受粉できる。
クマバチ

今日の小学校プロジェクトで行った弦打小学校で見かけた未来の絵

                  子供の

子供の絵1

未来の世界でも、心が通っている二人にはこの表現になるのか!!
愛し合っているのが、よく判るなーーー
子供達の表現は素直で驚かされる。
今朝見かけた、川向を登校中の小学生を観たのを思い出して・・・・
                  人の幼虫


今朝の、<平成21年産 コシヒカリの生育と今後の栽培管理>での内容。

幼虫でも困るのは、害虫
コシヒカリの害虫はこれらしい!!
農業改良普及センターの岡崎先生から、コシヒカリに天敵のムシがこのミナミアオカメムシだと教わる。
大量発生する可能性があるだけに、要注意だそうだ。
ミナミアオマメムシ2

稲を扱う手つきや、実際に田圃に入っていく姿は、この農業普及にかける意気込みと仕事への取り組みが真っ直ぐなのがよく判る、岡崎先生でした。
これから以降、なんでも相談できそうな感じがしたなーー

農作業を進めるについて、稲作の取り組みについては、私こそが幼い幼虫なんだと思った。
水耕栽培の水の手順は何故何度も落としたり入れたりするのか?
 etc、専門家には何でも聴いて見るもんだ。
聴けば、いつも想像を超えた回答が帰ってくる。
コシヒカリの栽培
スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.