FC2ブログ
ほんまもん001

手書きスケッチ

万年筆や毛筆、鉛筆で文字を書いたりスケッチを描くのは、自分の中で満たされるものを求めている行為だと思う。
TVを観ながらでも、万年筆とノートは手放さない・・・・心に止まったことをすぐメモをする。
講演会などでは、殆んどメモを最後までし続けて10~20ページぐらいを記載している。
電話をしながらでもメモをしながら話していることがある。

私の特性なんだろうが、音だけで話を聴くと殆んど記憶に残らない、メモをすると視覚的なものと音が一緒になってイメージが記憶できる。

毎日の殆んどの作業を、パソコンでデジタルに表現したり通信のやり取りをすることが多くなった。
そんなデジタル化をすればするほど自分自身、手書きへのこだわりが増すように思う。

文字も上手になりたいと思い、墨を摺って練習する。
筆文字で葉書に書いて礼状を出したりするのもいつしか習慣化して・・・10年以上になる。

スケッチやデッサンも同様だ。
また、紙や筆記用具、ノートにまで書きやすいものにこだわるようになった。
ノート1
先日神戸でお会いした皮職人TAKUYAさんと記念写真・・・そして彼の作った新しいノートなどを描く
TAKUYAさんと

大工さん(泉さん)に頼まれて、<土足厳禁>の替わりに「土足はご遠慮ください」と桧に書く。
土足はご遠慮

木守り柿
昨夜もコーヒーをいただきながら、三友堂の木守り柿を食する。
スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.