FC2ブログ
ほんまもん001

国威の発揚

昨年のオリンピックで女子ソフトボールが金メダル獲得
そして、今年のアカデミー賞外国映画部門で初めて日本の映画が受賞した事。
そして、昨日のWBC優勝。
この閉塞感のある不景気な時代に明るいニュースは本当に嬉しいものだ。
外国での日本チームの高成績には国威発揚を思わずには居られない。

でも今朝の新聞で知ったWBCは視点が違っていた。開催費用の60%を日本企業のスポンサーだったこと。
主催者(胴元)はMLBで優勝国である日本チームには賞金総額3億円らしいが総費用のごく一部ということ。

アメリカという国の国力と規模を考えると、日本という国は優秀で経済大国ではあるが、アメリカの手の平の上で懸命に汗をかきながら走っている国民のような気がした。
人口は日本の約二倍、国土は約25倍だが、圧倒的に懐の深い大きな鱶(ふか)の様な国力をアメリカという国には感じる。
いくらスポーツで少し勝ったところで経済活動ではしたたかにアメリカというハゲタカに食い物にされている日本が見える。
映画の本場アメリカのアカデミー賞は映画の世界ではアメリカが中心を担っていることをまざまざと見せ付けられたシーンでもあった。
国民の数は2倍だが映画が示す国威は10倍以上もアメリカが上のような気がした。
アメリカ

そして、決勝戦で戦った大韓民国のチームは優勝しても惜しくないほどに双璧の力を見せ付けられた。
敬遠してもいい場面で、逃げずに真っ向からイチロウに勝負をかけてきたいさぎよさに思わず敬意を表する心意気を感じた。
韓国チームにとって、背中に国旗を背負って戦っている以上、どうしても、逃げるわけにはいかないんだ、ここは何が何でも勝負だといわんばかりに。

韓国チームはこの勝負には負けたが、この悔しさを旨に刻み付けて昨日からの取り組み姿勢が早くも始まっているのではないだろうかと思うほどに・・・・心意気で悔しさで彼らにも栄誉を与えたい気がした。
日本の約40%の人口、国土は日本の4分の1.
そんなわずかな国家のチームが日本と対等に戦う勢いに、並々ならぬ意識のレベルが高いことを思わずにはいられない。

将棋の世界では勝っても敗者に敬意を表して大袈裟に勝利の雄たけびを上げないのが礼儀。
スポーツの世界では自分達だけ勝利の美酒に酔っていていいのだろうかと思った。
大韓民国日本の国旗
日本チームが優勝するや否や、グランドに大きな日章旗が広げられていた。
その国旗をTVカメラが写す。
日本人としても嬉しいシーンだし外国において活躍している彼らが誇らしく思う、その象徴として
国旗が眩しいほどに
私達は日常殆んど日本国のことを気に止めずに生活しているが、不況感のあるこんな時期に日の丸の大きな国旗はもう一度国家の事、世界中のことに目を向けるように背中を押されたような気がしながら眺めていた・・・・・・
咲きかけた
ユキヤナギ01
ライラックが咲き始め、ユキヤナギが花を満開に咲かせている今日この頃に・・・・
スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.