FC2ブログ
ほんまもん001

そこで買う訳

今年はデルタの万年筆を買おうと決めていた。
ドルチェビータミディアム・ソワレでペン先はMがいいと・・・・

do
ド2ド3ド4ド5
でも何処で買うかは決めていなかった。
最近はnetで買うと一番安く手に入る。

でも万年筆の肝心なところは、自分の筆圧や書き方にあわせた、ペン先の調整が命だ
スムースにインクの出があり、軽くなでるように流すだけでくっきりとインクの出があると

本当に気持ちのいいものだから。

神戸本町のペンアンドメッセージ:吉宗さんのところで買うか・・・・・・
東京まで行った折に丸ビルのお店で買うか・・・・・
思案していた頃に

三越の文具コーナーから今年もペンクリニックの川口明弘さんが来ると云う案内。

それで買うところが決まった。
ドルチェビータは、10月のその時に取りに伺うから取り置きしていただく事に
電話で先に予約をしておいた。
川口明弘
先日、ついでに手持ちの万年筆で少し気になるダンヒルの万年筆など3本も調整していただく。
これで、川口さんに調整していただいたペンは7本になる。

物だけを簡単に買うことは稀だが、最近はnetで買うことが殆んどになった。
でもこのように、人の作業でその品物の値打ちが変わる場合は、価格は二の次

気に入った代物にしてくれるところで買う。

お昼の昼食の100円200円の差額を躊躇するのに・・・このときとばかりに
こだわりの品物には1万~2万は簡単に奮発するものだ!

心の中のピリッとする心情を救い上げてくれる商品の価格以上のサービスがあり
おまけに話をしながら人間関係を楽しみながらできる品物は

そこのお店で買う動機に充分なる。
山椒に実
山椒の実は小さくともぴりりと刺激のある調味料
ウナギにはちょうど合う

この山椒のようなものがなくてはウナギは値打ちが上がらない・・・
山椒の実のように、万年筆を売る値打ちを上げるには、肝心のペン調整の腕を上げることと

川口さんのような、薀蓄を語れる人間的魅力が不可欠ではないだろうか?
スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.