FC2ブログ
ほんまもん001

飛び発つ

県立津田病院の新生児室でガラス越しに覗いていると前の人達が
『ウワーーこの子きれいな顔してるーーー』と話していた。
わが子をそう云われているのを聞くと
誉められたようで、なんとも嬉しかった事を思い出す。

23年前のそんなことをついこの前のように。
2歳
23年後の17日に関西空港からドバイに向けて旅発った。
             関西航空       エミレーツ航空
エミレーツ航空のキャビン・アテンダントして入社する為だ。
高校生の頃から、海外へ出向く仕事がしたいと話していた。
大学を休学して一年カナダへ語学留学したのも一人で準備していた。

『3年ぐらいで帰ってくるワーーー!』などと軽い冗談とも真剣とも付かない話しぶりで
見送る私達を和ませるように安心させるようにいいながらゲートに消えていった。

家内はいつまでも傍にいたいのだろうか、事あるごとに娘の横で付き添っていた。
その点、父親は距離を保ってしまう。

わたしは、早朝に東かがわ市の水主神社へ行き、娘にお守りを買って来た。
ちょうど、境内の右近の橘は色づいて、秋の頃あいを示して空気が気持ちよかった。

宮司さんが、本殿へ参り、お願いしていたお守りを下げてきて、丁寧に半紙に包んでくれた。
それを手紙にしたため
『飛行機に乗ってから、読みやーーーー!』といって手渡す
水主神社お守り橘手紙
ハイビス1ハイビス2ガーベラまりーごーるど2
飛び立つ
今朝庭で見かけた、タイサンボクの枝につかまっていたバッタは、
大きく羽ばたこうとしているのだろうか?

ついつい、先日の娘の旅び発ちと重ねて眺めていた。








スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.