FC2ブログ
ほんまもん001

弄花香満衣(はなろうすればかえにみつ)

弄花香満衣(はなろうすればかえにみつ)
野の花を摘めばその香りが衣服に満ち溢れる

掬水月在手(みずをきくすればつきてにあり)
水をてで掬(すく)えば空の月が手のひらの中にある

茶道の稽古をしている頃に覚えた、茶席の禅語として有名な句
kinnmoku2
今朝仕事前に、カイズカイブキの剪定をしていて、どこからとも無くキンモクセイの香りが
香ってきて、その句を思い出した。
作業が終わって、カメラを手にそれらしいキンモクセイの木を見つけると、夏が終わり秋の始まりを
教えてくれていた。
手にすると痛くて堪らない・・・・青虫も元気そうに
キンモク1キンモク4つゆくさ002つゆくさ003
ひめうつぎ01ひめ2ききょう2桔梗3
ムクゲが最後の花をつけ
湿った空気がいかにも似合う、ツユクサがカイズカイブキの下で元気そう
ヒメウツギは長い間花を咲かしつづけ
先日買って来た、キキョウだけが一番目立つ

でも香りはそれぞれに違う
手にカイズカイブキの香りをのこしながら・・・・・・

朝の仕事前に、キンモクセイの香りが涼しい秋を教えてくれ、
さらに
茶席の掛け軸に掛かったシーンを懐かしく、その対句とともに思い出させてくれた。
スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.