FC2ブログ
ほんまもん001

お座敷

<忙中閑あり>とはこんな時のことを言うのだろうか
奇麗どころのいるお座敷へ

初めてお招きいただき
優雅なひと時を先日堪能させていただいた。

二間続きのお座敷を二人で占有して
三味線を聴きながら、季節の料理を頂く

最初に私の目を引きつけ心に届いたのは・・・・・お店の格の割りに、そそと書かれたひらがなの表札看板
そして、玄関ホールの伽羅大観のお香の香り・・・・
                         しまだ玄関
        しまだ01
しまだ02しまだ03しまだ04しまだ05
芸妓さんたちならではの間合いの取れたサービス
映画の中の風景に自分がいるような

彼女達のお陰で
ちょっとタイムスリップしたような気分にさせていただいた。
しまだ08しまだ09しまだ10しまだ11

ただ少し残念だったのは・・・・二つほど

青々とした畳表に見えたのに、香りがしなかった。
聞く所によると、和紙の畳表らしい。
畳が焼けない分、長持ちするらしいが、少し不自然。

もうひとつは、鴨居が普通より10cmぐらい高く
外人でも頭を打たないようにしつらえてあった事
部屋の重心が妙に高くて、落ち着かない気分になった事。

いい思い出ができたので
『冥土の土産話ができましたなーー』とお誘いいただいたMさんに言うと

隣にいた、芸妓さんに
『もうそんなこと云わんとーー何度でもお越しくださいね』とやんわりいわれました!!
しまだお座敷
スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.