FC2ブログ
ほんまもん001

セイフティネット

<セイフティネット>建築現場で足場が不完全なところにネットを貼ること

最近では、先行足場を設けて上棟式をするのが当たり前になってきた。

よくよく考えると、20年以上前はこんな風景は木造の住宅では見られなかった風景だ。
随分昔の超高層の鉄骨の建て方の時のようだ。

安全を考える労働条件がより厳しくなった表れでもあり
社会的な背景を現しているともいえる。

セイフティ
安全を祈願して、メデタイ・ヨロコブ・ハンジョウ(5合)の隅餅などなどが飾られ
日曜日に<高松市:松縄町>と<東かがわ:馬宿>にて
上棟式の祝詞奏上が行われた。
ヨロコブ松縄0001松縄00002松縄0003
松縄0612馬宿021馬宿031足場馬宿
      馬宿0121
見えない未来の安全を願って、ごく当たり前のように祈願する事が私達の上棟式の風景

閉塞感のある、最近の経済状態にもこのセイフティネットが不可欠のように思う。

誰しも、不安一杯で毎日を生きたくないものだ。

でも、そのことを学習すると、不安感に包まれた経験を持っている人ほど
心の中にセイフティネットを持って、大胆に勇気を持って仕事をしているように見える。

先日の棟の上に立って率先垂範していた棟梁の何気ない姿が何よりもそんな風に見えた。

決して、勇ましいだけではないように

経験に裏打ちされた、自信にも似た、心を支えるセイフティネットがあるかの如くに


スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.