FC2ブログ
ほんまもん001

話はいっぺんで聴く

話を聴くときは、相手本位に聴く。
自分にとって都合のいいことや興味のあることを聴きがちであるが、
相手のいいたいことに集中して耳を傾ける。
タイサン001
コピー機を導入するのに、メーカーの営業マンの今までの付き合いを考えると、他のメーカーに切り替えにくい。
でも長年お世話になりっぱなしで、何のお返しもできない心苦しさを思うと
其処とは別の代理店から今度は入れようと決心した。

でも新しい代理店の社長さんは、こちらの心が読めてるように、今までの営業マンのことを気にして
今までどおり、そのメーカーの商品を入れましょうと、無理をして云ってくれた。

直接メーカーと話しますからといって・・・・・・

受話器の向こうの彼の心遣いが痛いほど判る。

物は人から買うものだ・・・・・・・商品は二の次。
気持ちよく、値段も大きく値引いてくれて、見積書には精一杯に人間関係を築きたい意志が伝わってくる。

電話で御礼を言うのも失礼なので・・・・・・・出向いて御礼を言ってきた。
タイサン002

工事途中の現場の事で、
夕方に、珍しく感情的な言い方で、基礎工事の土を場外搬出している風景が、もったいないと
電話で伝えてこられた奥様。

設計者の常識と、素人の常識の違いを感情を押し付けるように説明された。
反論するより、その感情が何処からねじれてきたのか・・・・・全体を把握できないで最後まで聞いていた。
心が逆なでされるようで、いつまでも残る感情だった。
その内容を今一度確かめようと、午前中に現場へ赴き、御両親に聞いてみた。

意義を申し立てた人は判ったが、説明するよりも、まず心のわだかまりを聴くことに専念した。

理不尽な事も云われるのが、監理者の勤め。
説明は言葉でなく、時間をかけて態度で示してゆくしかない。
感情を破綻している人には必ず、一部の理がある。
それを聞き逃さない為にも。
タイサン003


深夜に友人から、親から辛い仕打ちを受けたという、やるせない話を聴かされた。

誰にもいえないことだけど、ただ一人、この愚痴を聞いてくれる人がいるので、電話をしてきたという。

世の中は不条理な事がたくさんあるもの。
正義が常に勝つとは限らない。
でも負の世界から抜け出すには
貸借対照表的に負けるが勝ちと師匠は教えてくれた。

損をすると抜け出せる。
小さな損得を捨て、大きな徳をすること。
幸せだから感謝するのでなく、感謝するから幸せになれるのだ。

そういって、励ましてくれた事を、思い出しながら、受話器に耳を傾けていた。
タイサン004

今年の我が家のタイサンボクは盛況です。
次から次へと、咲き乱れて、華の前を通ると、柑橘系の甘酢ぱい香りが体に絡みます。

昨年もこれほどだったかしらと、思い出してみても、はっきりイメージできない。
きっと今年は特別!!

<華はいっぺんだけ、きちっと見てね!!>

そうつぶやいているかのように、見事に咲いている。
言葉にしない、花の話も『いっぺんで聴いてね』 といわんばかりに。

スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.