FC2ブログ
ほんまもん001

三本松駅

週末の名古屋出張の為に三本松駅までチケットを買いに来た。

久しぶりに、この駅舎を眺めながら、遠い昔の蒸気機関車がまだ走っていた頃を一人思い出していた
三本松02

三本松01三本松04三本松05三本松03

確か、ローマオリンピックが開催された年だった。
大人の自転車に横乗りして、小学校の校庭で乗れるようになった頃。
私は9歳か10歳だった。
嬉しくて、何でもいいから自転車に乗りたかった。

そして、夕方になると、この三本松駅まで父親を迎えに、その自転車に乗って毎日来ていた。

あの頃の通勤列車は、乗降口を開け放したままでも平気で走っていた。

その木製の客車の扉から、父達通勤慣れした大人が
まだ停車する直前に飛び降りて、改札口まで走ってきて。

定期券を駅員さんにかざしながら、改札口を勢いよく毎日出てきていた。
今から思うと、あのころ父も若く、まだ40歳代だった。

その父も亡くなって久しい。

子供の頃に見た風景は、過大に大きくイメージされるのだろうか
駅前のロータリーには大きなソテツの木があり
その周りを、ボンネットバスが旋回して、発車していた。

駅横の朝日新聞の販売所の自転車置き場などをを思い出しながら

つじつまの合わない風景に自分の思い出のイメージのあいまいさを想う。

あの頃の主要な交通機関だった国鉄は、乗降客も多くて今と全く違う賑わいを見せていた。

今も変わらず残っていたのは、昭和28年に建てられた石碑だけだろうか・・


今日の我が家の庭先に咲いていたアジサイはあの頃の父を思い出す花でもある。
裏庭一面に咲いていたアジサイが、父の自慢だった。

梅雨01梅雨02ー梅雨03梅雨04

梅雨07梅雨08梅雨09梅雨10

帰宅すると、腹巻姿で、きまって庭の花にジョーロで水遣りをしていた。

あれから、40年以上経過して・・・・・今年は北京オリンピックの年。

場所を変えても思い出は時に鮮やかによみがえるなーー


大安の本日、我事務所<RYO建築設計>のホームページ、リニューアルしました!

カンガエルデザインのヨコチャンとヘルツの後藤君・篠原君のお陰です・・・・ありがとう。
スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.