FC2ブログ
ほんまもん001

目を養う

自宅の勝手口を作り直してもらった。

築28年の我が家の勝手口は合板貼りの木製建具だったが、長年の風雨の影響で
表面が剥離して、見るも無残な形になっていた。

<紺屋の白袴>と同じで、そのうちどうにかしようと思っていたが、ついつい後回しになっていた。

丸生木工所の生島さんに相談して、杉板の両面貼りで作って欲しいとお願いしていた。
金物は、手持ちのものでいいから・・・・・適当に付けておいて!

「ステンレスでいいですか?」と生島さん
「ハイ、適宜お任せで・・・」と返事をしておいた。
杉扉01
杉扉02
杉扉03


取り付け完了して、何気なく
「杉積層パネルのJパネルかなーーーー」と私が云うと
「イエイエ  とんでもない!無垢板ですよ」と、生島さん


云われて、改めて詳細を見ると、確かに、積層パネルとはわけが違う!

本実加工の杉板を面取りして貼り合わせている。
少しの事だが、ぼーーーっと見ていると、その違いが判らない!

見慣れた、杉板Jパネルをすぐ連想してしまう癖を反省!!

杉の扉の表面もきちっと本質的な部分を見るその目を養え切れていない自分がいた。

他人の心理状態も気配りが少しできていると勘違いすると

後で大きな反省が待っている。

物を見る目、心の目を養うには、間違った時に、反省するその経験が本当に役に立つ。
スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.