FC2ブログ
ほんまもん001

環境適応能力

『やっぱり本物がいい、本物とは厳しい条件に耐えて、長持ちするものです』
と言ったのは、植生学者の宮脇昭

確かに日々眺める植物は長い年月を掛けて、生命の継承をしてきた結果だ。
環境に適合する為に、少しずつ進化しながら・・・・・・・・・・・。
ライ01ライ02ライ03ライ04
アセビアニソドンチューリップ01チューリップ2
菜の花ツツジ02パンジー01パンジー02

現存している植物は、それぞれの時代の環境の変化に対応しながら、遺伝子を少しづつ進化させることが、生命保存の手法だった。
過去の生態系のまま、時代の変化に適応できなかった種は絶滅した。

人や国家の場合
『個人であれ国家であれ、自らを信ずる力を失ったものは滅亡する』:ダンテ

戦後長い歴史を誇った、道頓堀の『くいだおれ』が廃業すると、今日の朝日の一面記事
            くいだおれ

人間社会の場合、そのまま何もしなければ、進化はしない。
自ら自己変革する個人や企業が環境適応能力が備わる。

過去の自分にしがみつかないことについては、植物も人も同じかもしれない。

環境適応能力が、身に着き、実践できるには、<意欲>と<自己変革の体験>を積むこと以外に道は無いと思う。
自己変革の<決断力>を身につけるにはは体験学習が一番。

どんなに辛い環境が目の前に来ても、何度も来ても・・・・・・
環境適応能力が身に付いたころには、人生が生き生きわくわく・・・・・・・・・・・・・

進化することが<本物の植物のように>平気になってくる。
スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.