FC2ブログ
ほんまもん001

リハーサル

22日の土曜日に邦楽演奏をするため
松田さんは、丸亀の<スペース114>に来て、尺八のリハーサルをしている。
音響の感じを調べる為であろうか。

NPO法人:木と家の会ではこの春のイベントとして
模型や写真のパネル展示を含めて、色んな催しを企画した。
その中のひとつが<邦楽演奏>で松田さんの出番だ
リハーサル01

折り紙01折り紙02折り紙03折り紙04

折り紙05折り紙06折り紙07折り紙08

模型01模型02模型03模型04

模型05模型06模型07模型11




誰も参加できる、イベントとして、
ペーパークラフトの折り紙建築を作ってもらおうと、そのサンプルつくりに会員が懸命に取り組んでいるところ・・・・
これが意外と難しい。
切る事は出来ても、奇麗に山折、谷折りをしてゆかなければ、立体にならない。
川口さんの指導のもと、みんな一心不乱にこれも考えようによっては・・・・リハーサルです。

そして、パワーポイントのリハーサルを操作中なのが池田さん
杉を使った住宅の林業の山から製材・木工事・棟上・工事中・竣工のプロセスを
スライドショーで・・・・・・・・・リハーサル
リハーサル映写01

リハーサルを事前にするのは、本番の時に場当たり的にならない為
一応の練習をして流れを学習しておくのが目的

学習が不可欠なのが人の常。

植物であれば、いつも本番だけ。
毎日・・・・・・・植物らしく命がけで生きている。

でも人はそうは行かない
事前のリハーサルや、練習が大一番を左右する。

建築模型を精密に作ることは着工前のチェックが容易にできる
なにしろ実際に原寸模型を作ってから、本当のお茶室を作ることもあるくらいだから・・・・

ぶっつけ本番の緊張感も素の姿が見れて興味があるが、こればかりはアベレージがよくなりません。

練習を繰り返ししてこそ、強化学習ができ、余裕を持って本番に迎えることができる。
人間ならではの手法といえるのだろう。

尺八の音色が響き渡る会場でそんなことを思っていた。

スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.