FC2ブログ
ほんまもん001

ストーリー

ハッピーエンドでなく、それぞれの挫折感を心に持ちながら
新しい門出に向け、再起を誓う・・・・昨日のwowowのドラマ
<恋せども 愛せども>はそんな風だった。
恋01恋02恋03恋04

恋05恋06恋08恋09

            恋10恋11恋12

原作の唯川恵の作品にはしっかりしたリアリティーを感じる。
脚本の大石静には無駄を省いたストーリー性をテンポよく実現している。
監督の堀川とんこうの緊張感ある取り組み姿勢が、出演者の真剣さでよく伝わってくる。

まずしっかりした、原作ありだと感心した。

骨格のしっかりしたストーリーには紛れもない、現実感が裏打ちされているものだ。
作者が、語らせている言葉として印象に残ったひとつ。

しっかり自分の生き方を全うしようと、祖母役の岸恵子の言うセリフ

『私がして欲しいからするのでなく、あの人の為にしたいから、そう生きるの・・・・』
凛とした背筋を伸ばした語り方は、迫力があり力があった。

その言葉は、
主人公の高久雪緒(28歳)が
芸妓の私生児ととして生まれたことに対して、泣き言言わずにひた向きに生きようとする心の支えにもなっていた。
             恋13

スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.