FC2ブログ
ほんまもん001

薪ストーブ

最近特に需要が増えた薪ストーブ
高松空港近くに専門店がオープンしたので観に行こうと
Nさんご夫婦と出かけてきた
薪01

薪02薪03薪06薪05

四国における一般的ストーブシーズンは11月~3月の5ヶ月間
普通に使えば
このクヌギの薪を2ton年間使用するらしい。
1ton/5万円だから10万円の薪代になる
香川県の世帯数の0.5%が薪ストーブを使ったとして
3000ton以上のクヌギを薪に使用することになる。

これでは、エネルギーコストは堪らない。

薪ストーブの長所として、輻射熱の快適さや視覚的にも癒されそうな雰囲気は
他では真似できそうにない。
暖房費のコストとしては、負担が高すぎる。
使用時間や材料を再検討する方が良いのだろうか?

また森林の保護育成から考えても、年間使用量を低くする方向で考えた方が良いのじゃないだろうか?
薪ストーブ使用時は休日など・・・・・使用方法さえ検討すればと思った。

また、木を切ったり、薪を割ったりするチェーンソウ等の道具も実際に利用させていただいて
ヨーロッパのものは優れているなーと感心した。
安全に対する取り組みが違う。

また営業マンの説明は
コストが高いなりの意味がよく理解でき・・・・私には説得力があったなーー。


スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.