FC2ブログ
ほんまもん001

GALLERY・MA巡回展

<そこにしかない形式を見つけようとしている>千葉学
という、コメントに引かれて

大阪本町のTOTOテクニカルセンターで巡回展を見に行ってきた。
ギャラ3

千葉学の言う「一度限りの条件でしか成立しない形式を探そうとしているのだと思う」

その実績を見てみたいと思った。
また、もう一人の建築家・アトリエワンの塚本由晴

<いききとした空間を作りたい>と言う言葉を形として実際を見てみたいと思った

両者とも、展示してある模型を見ただけで、そのエネルギーに圧倒される。
学生さんが、数十人で懸命に作ったであろう事が伝わってくる。
プロの模型製作でない。
でも素朴に、懸命に学生が作ったほうが、感動するものだ。
ギャラ7ギャラ8ギャラ12ギャラ16
ギャラ17ギャラ20ギャラ22
ギャラ23ギャラ24ギャラ27
ギャラ29ギャラ31

新しい形式・様相が気持いい
1/20の模型はそれを充分伝えてくれる

断面模型のアトリエワンも塚本由晴

千葉学の:人が模型の真下までくぐっていき・・・・・観る事のできる模型
つくづく・・・・・・模型は説得力があると思った。
スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.