FC2ブログ
ほんまもん001

家事

夫婦共稼ぎの家族にとって、育児と家事はその主婦に相当な負担が掛かる。
手抜きをすると、しわ寄せは子供にいく。
            ショー①

理解のある御主人にしても、仕事中心の生活を勧めると
家事に対して負担は、相当見識が広い人でない限り・・・・主婦に任せるのではないだろうか

どう見ても、今日の共稼ぎ夫婦の家事労働は、夫側の理解が大切で
不可欠の要素だけど、正面切って御夫婦で話すことはなかなかないのではないだろうか?

まだ、正月気分の飾り付けが見られる高松市内のショールームで

本日、<松縄町の家>のT さん御夫婦とキッチンなどのを見学しながらそう考えていた。
ショー②ショー③ショー④


現在30~40代の御夫婦は、そのことをどのようにイメージしているんだろうか?
そもそも、どのような目標でキッチンを選べばいいのだろうか?

利便性やデザインで自分の個人的な嗜好を反映させて選べばいいものだろうか?

家族の幸せとは、どんな育児と家事の中ではぐくまれるのだろうか?

その時、子供達にしわ寄せは行かないだろうか?

<一度考えてみて欲しい>
そんな問題定義を、キッチン選びの合間に投げかけてみた。


以前、私がキッチンで稀に料理をしていると、幼かった子供達が寄ってきて

「今日は何をたべさせてくれるん・・?」
などと、話しかけてきたことをついこの前のように思い出す。

その時に、家内はほっと一息して・・・・・幸せそうな表情をしていたように思う。
15年以上も前の経験が、キッチン選びの大切なキーワードを
探し当てる、発想力になっている。

豊富な経験は設計者にとって本当に大切・・・・・・そう思いながら眺めていた。

スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.