FC2ブログ
ほんまもん001

直感という感覚

仕事をのんびりしている時は殆んど働かない感覚。
少し緊張感を持って働いている時に冴え渡る感覚。
それが私にとっての 『直感』 だと思う。

                   池谷裕二

直感のイメージは殆んど的を得ている。

何か大事な要件を手違いしているのではないだろうか・・・?
そんな胸騒ぎのような感覚が起こった時、先日も現場へ直行してみると
案の定、連絡不行き届きで、見本塗りのままに現場を塗りかけていたところだった。
少しの手違いで、FAXの連絡が再確認できていなかった事による。

朝日新聞の池谷裕二さんの言われるように、小さい時からの訓練で線条体という、脳の奥の組織を訓練していると、直感が鍛えられるという。

経験を積んで、歳を得ても成長し続ける珍しい脳の組織らしい。

少しもやもやした先が見えない状況のときは、何を頼りに意思決定するか?

私にとっては、この『直感』という論理的に説明しきれない感覚によって決めている。
更にいうなれば、意思決定には過去の感情を殆んど入れないことが、いい結果を今まで生んできた用にも思う。

でもなかなかそうも出来ないのが、いつもではあるが!

                    ダリア

感覚の冴えは、通常の仕事以上に色んな環境の要素を請けているのかもしれない・・・・
昨日のダリアは・・・・きりりと咲き誇っていたように。

時に語りかけてくれているような錯覚にさえなるなーー
スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.