FC2ブログ
ほんまもん001

将来、何になるのか?

週末の夜になると、『 おりゃ~ 帰って来たぞ~ ! 』
町営住宅の中通路を・・・・・・大きな声で怒鳴りながらその人は酔っぱらって帰ってきた
近所迷惑を心配して、大きな声を聞くと・・『も~ また飲んでからに~』 と言いながら奥さんが迎えに来ていた。
それが三軒隣の シロザワの おっさんだ。 
戦前は警察官をしていたらしい~と母親から聞かされていたが
私が子供の頃はほとんど酔っ払いの漁師さん‥‥それが第一印象。
男の子ばかり4人の子供と奥さんがおられたが、漁師で稼いだお金をお酒につぎ込むので、そのお家の常は麦ごはんを食べていたようだった。そのことが辛かったのか?二番目の中学生のお兄さんは自分でお弁当用に白米を七輪で炊いていた。
三人の兄たちは中学校を卒業するとそのまま京阪神へ就職した。

お酒と酔っ払いはその時の印象が強い、我が家ではそれとは対照的にお酒が無かった。
両親ともお酒はたしなまなく下戸だったのだ。母は料理用にもお酒を使わなかった。
その遺伝子を受け継いで、私もお酒はほとんど飲めない。
大きくなると、何になるんだろうかと小学生の頃から考え始めるが、漠然と父親と同じようなサラリーマンになるのかと想像していた。
ただ、漁師と酔っ払いにだけはならないようにしようと・・・・・そのおじさんの姿を観て心に決めていた。

(しかし、シロザワのおじさんに小学生の時に助けてもらったことがある。 紙芝居が来たので走って行き、そのまま荷車にぶつかり頭に大怪我をしたとき、私の頭にタオルを巻いて・・・・病院まで自転車の後ろに乗せて運んでくれたのはこの人だった)1959年ころ

今日読んだ 『建築家の年輪』 真壁智治 編著
平均年齢85~93歳ぐらいの20名の建築家のインタビューをまとめた本。

<建築家に歳なんて関係ない>
<建築が自分の作品なんて、真っ赤な嘘です>
<建築というのは結局人間との付き合い、人間を考えることです>
 70歳からの建築家の人生をどのように生きていけばいいのか? そのヒントを求めて真壁さんがインタビューした
今90歳の人は それ以前の先輩の背中を見て励みにしている。
そんな風に、バトンを受け渡ししながら・・・・・この仕事は生涯尽きることなくできる職種だと

将来の目指す仕事の在り方は、シロザワのおっさんのような反面教師もいてくれて良かったし
この本の20人・インタビューからも多様さを認めて・・・・・・100歳まで現役でと刺激を受けた。

シロザワのおっさん            建築家の年輪


スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.