FC2ブログ
瓶盥(ビンダライ)
- 2020/03/26(Thu) -
火山のヤマザクラ2 火山遊歩道2
山のすそ野から咲き始めたヤマザクラを観ると斑点模様のように見える
しかし山へ登り桜の木の下から見上げるとかくも違うものかと、満開の桜花を見上げる

昨日西教寺奥の院まで登ったので、今日は昼前に現場からの帰りに火山(ひやま)頂上を目指して登る
途中、見晴らしの効く瓶盥(びんだらい)に立ち寄り眼下の我家のある街並みを眺める
瓶盥からは、遠く馬篠の絹島・丸亀も見渡せる
山の中腹にこのような池があるのが不思議だが、イノシシが水浴びに来るのだろうかそれらしき足跡、泥で濁った水面が印象的

遊歩道もここまではきちんと整備されているが、火山への登山道は極端に自然のまま
所々赤いテープが木に巻き付けてあり、アップダウンする山道を分かりやすくしてくれている。

さぬき市津田町で住み始めて39年間、初めて火山(260m)に登頂する

遊歩道からの道は思いのほか急こう配で滑りそうになる法面の連続だった。
頂上からの景色はほとんど望めず、周りの樹木に遮られて小枝の隙間から下界を想像する
先日見た夢の景色とは全く違う・・・・これが現実とばかりに


瓶盥2 瓶盥3
瓶盥4 瓶盥5鶴羽全景
火山山頂2 石積み2




スポンサーサイト



この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<図書の整理 | メイン | 磨崖仏(まがいぶつ)>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ryoken.blog3.fc2.com/tb.php/3210-4eb1663e
| メイン |