FC2ブログ
近代書の変革
- 2020/02/07(Fri) -
あの道この道 ロビー掲示 書の習作半切1

昨年12月にお届けしていた、書の額装ができたのでと 先様から 二階ロビーに飾った写真をメールで受け取る
添付写真を観て、ウオールナットの額縁の立派なことに驚きながら
出来上がって嬉しい反面、まだまだ稚拙な文字だな~と、冷や汗の出る瞬間でもあった

いつかあの人のような字が書けるようになりたい・・・・そんな憧れの人
その一人が、近代詩の書の概念まで変革したといわれる、金子歐亭(かねこおうてい)

存在感のある字を書いた、金子はどんな風にしてここまでできるようになったのだろうか?
臨書するたびに、圧倒されながら、背中を見るようになってきた

終戦記念日の日に 『全国戦没者追悼之標』 を 1963年から30年間毎年書かれた姿と想像し
いつも励まされる

そして、昨日も今日も「あの道 この道」を 仕事を終えて 調和体で書く

金子鴎亭01 金子鴎亭02

スポンサーサイト



この記事のURL | 書道・書棚から・整理整頓 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ステージ観劇 2題 | メイン | 悲しみの向こう>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ryoken.blog3.fc2.com/tb.php/3181-68c6488d
| メイン |