FC2ブログ
石はきれい
- 2020/01/16(Thu) -
石はきれい石は不思議  石のいろいろ1

昨年、長女からもらったドミニカ共和国のお土産、一面のみ磨きをかけた石
その中央部が大理石のような青い色をしている
かの国では、お土産としてこのような石も売っているのか? と感心しながら・・・・そのまま棚に飾った
中山町の基礎を掘っている時に、出てくる石は縞模様の斑点がある、雨が降るとたちまち粘土質の土壌となり滑って歩きにくい
持って帰り砥石で磨きをかけると、ドミニカ共和国の石とはまた違う、風合いがあり、薄紫の縞模様が層になって見える

水の流れに削られて長い間に丸くなった、小豆島の磯で拾った石。
四万十川の石。吉野川の石。高知の海岸の石。・・・・・・

手にすると思い出が丸い石がなじんできていつまでも傍に置いて、重石代わりに使っている
津軽の石を拾いに行った写真集・・・・・・ページを繰って眺めるだけで、なぜか癒される


中山町の中庭デッキに大きな欅のテーブルがやっと据えられた
手では運べないので、家に横付けしたユニックでブームを伸ばして天井すれすれ・・・・・吊り込んだ
大工さんがあらかじめ、高圧洗浄をして、天端は見事に削って、蜜蝋ワックスを掛けてくれた・・・
この建物の主のような存在感のあるテーブルになった!

石のいろいろ3ドミニカ共和国と中山町  欅テーブル


スポンサーサイト



この記事のURL | 書道・書棚から・整理整頓 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<感動した講話と落語 | メイン | 思い出の街と人々>>
コメント
-承認待ちコメント-
このコメントは管理者の承認待ちです
2020/01/19 01:30  | | #[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ryoken.blog3.fc2.com/tb.php/3172-a3b9eb89
| メイン |