FC2ブログ
ほんまもん001

心に残った先達

ルドルフオルギャーティ フィルムス ドルフ村
大学卒業後、勤めていた事務所が心斎橋の安堂寺橋にあった頃
東光堂書店の店員さんが、仕事も一段落した・・・夜の6時過ぎに設計事務所へ洋書を抱えて営業に来る
『この本は、人気がありよく売れていますよ…』などと建築書籍の情報も伝えてくれて
珍しいので、仕事の手を休めて、先輩たちもその本を手にしてよく買っていた

高額な書籍は分割で売ってもらえるので、つい手を伸ばして買ったりしていた
スイスの出版社から出ている大判のルイスカーンの全集はその時に購入した
その本は座右の書籍として毎日のように見開いて観ていた
毎月のように欲しい洋書を目の当たりに見せられるので、お陰で本代が生活を困窮にしていた

その中の一冊、スイス在住のルドルフ・オルギャティの作品集
フィルムスという小さな町で設計事務所を開設してコツコツと作り続けているこの人に
なぜかいつまでも地に足がついた生き方が、魅力的に思えていた

この本が出てから、20年後の1995年にR・オルギャティは亡くなったが、ご子息は有名な建築家になって
現在も活躍中、そして何人かの建築家は、彼から大いなる影響を受けて活躍している

ルイスカーンの作品全集は辞めていくスタッフに餞別代りに贈呈したが、この本だけは手放せなかった
R・オルギャティは、それほど私に影響を与えてくれた建築家でした
発刊してすぐの、1977~78年ごろに購入


クラウワー邸 Dr シュオルト邸


スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.