FC2ブログ
ほんまもん001

マイスターシュティック(MONTBLANC)

マイスターシュティック14146 モンブラン作家シリーズ ウィリアム・フォークナー

お気に入りの万年筆を手にして眺めながら・・・ふと思う
「いつ頃から筆記用具を大切に扱うようになったのだろうか?」
以前はペリカンの万年筆を使っていたが、 ある時に雑誌 「趣味の文具箱 」を読んでからだったのか?
万年筆に対する知識とこだわりを学ぶようになった
そして大枚をはたいて、真鍮ムク材にゴールドのメッキを施したキャップが印象的なマイスターシュティック14146 を購入

そのうちにペンドクターによるペン先調整が不可欠であることを知る。
ドクターの前で自分がいつも書いている、角度、筆圧、筆記速度などを見て頂き
書き味を自分の手の延長のようにピッタリに調整してもらった時‥以来
その万年筆のトリコになる
さらにいろんな万年筆を買い集めて、セイラー万年筆のペンドクター 川口さんが高松三越に来てくれる日に合わせて
数本の万年筆を持参して調整してもらった
いつしか手元の万年筆は、30本を超えていた。
万年筆入れのケースも市販品から、自分で設計して桜製作所に作ってもらうほどになる

葉書手紙は墨を摺り毛筆で書くが、簡単にものを書いたり、講演会などで、メモをしたりするときは必ず万年筆だ
筆圧を要しない万年筆はインクフローが効果的で書いていて、疲れないからだ。
自分の手に合うバランスの良い筆記用具は、手元に置いておく・・・・不可欠の品物

デルタ ピストンシリング ミディアム1 中屋万年筆 漆1
          趣味の文具箱03             趣味の文具箱03-4



スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.