FC2ブログ
クインテット
- 2019/11/15(Fri) -
マイ便箋1


ナベサダ ライブ2019  スピークロウ1
ライブ演奏を聴いた後で知った、高松のスピークロウが年内で閉店との事
毎年楽しみに聞いてきた、渡辺貞夫のライブをこのお店で聴けたのは最後ということになる。
今年86才になる渡辺貞夫が去年と同じメンバーを従えて高松へ来てくれた
このメンバーたちのミュージシャンとしての能力は、近くで見て聴いて圧倒される。
伝わてくる音楽は言葉で表現するのが不遜と思うほどにすばらしい。

中でも私の一番のお気に入りは今年30才になる、ドラムの竹村一哲さんだ。
プロフィールを読むと9歳からジャズドラマーとして習い始めて、中学卒業と共にプロに転向
だから15年のキャリアということになる。
今年観た映画の「セッション」でのジャズドラマーが懸命に汗を飛ばしながら延々とたたき続ける姿を想う時
昨日見た、竹村一哲さんはその遥か上を悠然と歩いているプロフェッショナルだと思う。
肩から上の身体が脱力してリラックスしている
手に持った、スチックの先とバスドラムを踏み込む足だけに力が掛かっている
だから軽々と複雑なリズムに臨機応変に対応しながら身体が反応しているだけといった風なのだ

容貌もちょっと遊び人風の眼鏡と髭を蓄えて何処か危険な若々しさを匂わせる
アメリカ・ニューヨークのブルーノートで今年渡辺貞夫がライブした時のメンバーに彼だけが日本から同行したという
それだけ、ドラム奏者として渡辺貞夫から信頼されているという証だろう

でもほかの、ピアノの林正樹、ベースのコモブチキイチロウ、パーカッションのンジャセ・ニャン
それぞれに、大変な稽古のたまものといえる圧倒的技術力の持ち主だと思う

演奏途中に、渡辺貞夫さんがピアノの中に置かれたメモを覗いていたので演奏後にそのメモを覗いてみた・・・
プライベートの便箋に鉛筆で演奏曲目をメモされていた・・・・携帯のカメラで撮影し、帰ってきて、その写真をパソコンで開いて
初めて・・・・渡辺貞夫の個人便箋なんだと理解した。
去年と同様、エンディング曲の「花は咲く」のサックス・ソロ演奏は、腫物でもさわるようにそ~っと何とも言えず
優しく奏でるのだろうかと・・・・心に染み入る音色でした。

(竹村一哲・林正樹・コモブチキイチロウ・ンジャセ・ニャン:の映像は他のHPからの転載です)
(マイルズ・テラーとJ・K・マイルズの映画「セッション」の映像は同映画のHP画像です)

コモブチキイチロウkomobuchi_kiichiro 竹村一哲takemura_ittetsu
林正樹ayashi_masaki ンジャセ・ニアングndiasse_niang

映画セッション21 マイ便箋1 

スポンサーサイト



この記事のURL | 映画・TV番組・音楽 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<耐震補強工事とビーフシチュー | メイン | ラジオからの情報発信>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ryoken.blog3.fc2.com/tb.php/3138-0c901cfd
| メイン |