FC2ブログ
ほんまもん001

立ち読み読書

ルシア・ベルリン 家政婦のための手引書    内田樹 生きづらさについて考える
昨今の関西電力の収賄事件をメディアが追及する姿勢は半端ないと時代を反映させていると思うが
今読んでいる、内田樹 「生きづらさについて考える」
  ルシア・ベルリン「掃除婦のための手引書」
の二冊は、正反対のことろの背景を書かれている

この国のメディアの不健全さ政府の進めてきたねじ曲がった政策
それに追従する忘れることの上手な国民
今回の関西電力の収賄のことも忘れることなく、いついつまでも関心事にアンテナを伸ばして居たいと
上記二冊を読みながら思う処

ルシア・ベルリンの激しい生き方とリンクする文章を読んで
きちんと作家として著書を発表して生活背景をあからさまにする
こんな人がいたということに驚きと感動を覚える

本からはいつも・・・・・仕事の合間に、アグレッシブなもう一つの脳を鍛えさせてもらっている
スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.