FC2ブログ
鉛筆削りナイフ
- 2019/09/27(Fri) -
ナーゲルナイフ1 ナーゲルナイフ ダマスカス鋼
今まで色鉛筆とか鉛筆を削るのに、切り出しナイフを使っていた。
いつでもよく切れるように、時折砥石で研ぐことも忘れずに
しかし、紙を切ったりするのは、カッターナイフが便利で、研ぐ必要もなく重宝していた
ここにきて、NETで調べてお気に入りの刃物メーカーを知ったので鉛筆削りとカッターナイフの代用として神沢鉄工所のナイフを購入
ブランド名 『FEDECO』
ホームページも、ナイフのデザインも、直営店舗を構える戦略も今風に洗練されている
いずれも小物ばかりのナイフを工夫を重ねてデザインされた代物
今回は、長さ122mmと小型ながら角のようにカーブした吉野杉の取っ手が特徴のナーゲルナイフ
刃物は縞模様の波紋が特徴のダマスカス鋼
切れ味はやはり、切り出しナイフが勝ります

さらにお気に入りは、本種子島鋏、本当によく切れます
ドイツのゾリンゲンは、比較にならないほどに・・・・スパっとこの鋏はよく切れます

切り出しナイフ 昭三作 本種子鋏


スポンサーサイト



この記事のURL | デザイン・クラフトマンシップ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<きみおいず | メイン | 海を眺めて>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ryoken.blog3.fc2.com/tb.php/3120-2c884eff
| メイン |