FC2ブログ
不法移民のこと
- 2019/09/13(Fri) -
ランタナ21  千日紅1

セクハラ・スキャンダルで有名になった映画製作会社、ワインスタイン・カンパニー製作、2009年の映画
『正義のゆくえ I・C・E・特別捜査官 』原題: 『Crossing Over』
11日(水)WOWOWで放映された
内容は深刻な移民問題を抱えたアメリカならではのテーマをリアルな内容で作られていた
俳優陣が気になったので、特に観て見ようと思った
主演は ハリソン・フォード。 レイ・リオッタ。 アシュレイ・ジャッド。 ジム・スタージェス。
 イラン出身の捜査官家族の悲しい物語
ユダヤ教徒でないがそのふりをして「グリーンカード」を手に入れようとするミュージシャンとその恋人の噺。
イスラム教徒(バングラディッシュ出身)の女子高校生家族。
韓国人高校生の事
その他、伏線にいくつもの生活とアメリカへの移民に生活の全てと希望を掛けている人達の苦悩と挫折
主人公であるマックスは個人的な感情を揺さぶれながら、苦渋の選択をして捜査に当たる

テロリストの可能性がある高校生の家族に対してFBI捜査が進むと、人権に取り組んでいる弁護士は法廷に持ち込めずに
FBI 捜査の権限に屈する、そのためその家族は二つに分けられて片や国外、片や国内に残る。
空港での残る父親と国外追放させられる女子高校生のお互いを思いやる視線姿が詳細に写し取られて心に残った

監督・脚本は南アフリカ出身のウェイン・クライマー
もう一度見て見たい~と思った出色の映画


正義のゆくえ 1 正義のゆくえ 2

正義のゆくえ 3 正義のゆくえ 4



スポンサーサイト



この記事のURL | 映画・TV番組・音楽 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<懐かしいS・ロリンズ | メイン | 香川の漆芸を聞く>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ryoken.blog3.fc2.com/tb.php/3114-549d6fba
| メイン |