FC2ブログ
ほんまもん001

立ち読み

本棚32 短歌 少年刑務所32

仕事の合間に立って本棚の本を読む
振り返ると、書道用の毛氈を引いた机・・・・墨を摺ってない時は書道時間
本棚に手を伸ばし
照明器具の近いところで読むと、明るくて活字が読みやすい
つい2~3ページを読みながらその時だけは仕事のことを忘れている

穂村弘さんの短歌の解説が分かりやすくて読みやすい
言葉の持つ楽しみを誘うようで・・・短歌の奥に秘められた心の躍動を推し量る

昨日は、石井町のお子さんがこの建物と同い年・・・2才になりました!
下足箱の前で はしゃいで見せてくれた!

穂村弘43 石井町の家2


スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.