FC2ブログ
ほんまもん001

二月三十一日

本をどう読むか1  時計2月31日1

本を読みながら、腕時計を見ると日付は『31』 になっている
そうか、二月であれば三十一日なのか?
しかし二月は二十八日までなので今日は三月三日
三日間はどこへ行ったのだろうかと、貴重な日にちが減ったかのような錯覚に陥った

その時に読んでいた本は、岸見一郎さんの『本をどう読むか』

多読の著者らしいタイトルだが、近年本離れが嘆かれている世相を反映して、いかにも出版社からの
要請といえそうな、 内容でもあった。

先日、友人から 
『本を読んでも集中できない‥‥』 嘆きとも言えそうな言葉を聞いて
ちょうどこの本は最適の本ではなかろうかと、連想した

確かに、読みたくない本、長編の本は読むのが、心を重くさせ、文章が心に届かない事がある
目は、活字を追っているが、内容が心に届いてこない。

しかし、読みやすい文章、読みたかった本、の場合は、ついつい時間を忘れて読んでいる。
心と本の関係は、意外とそんなものかと思うことさえあるな~

感想文を義務づけられていない分、快適に読み進めることができる
同じ本でも、二十代に読んだ本を、六十代になって読み直すと 全く新鮮な文章に出会ったような気持ちにさえなる

昔読んだ本も、最近気になった本も 興味が沸く本こそ・・・・心の刺激になる本だ

今年の新年競書
『玲瓏として 玉の 人格』

昨日の生花稽古
 観水型盛花 
さんご水木・バラ・レザーファン
花留めは七宝
花器は尺一丸水盤

観水型盛花2  玲瓏として玉の人格1


スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.