FC2ブログ
古文書講演会とプチミュージカル
- 2019/02/11(Mon) -
公文書館講演会2

県立公文書館で開かれた、 歴史講演会「歴史資料が語る真実」 に参加して 本郷和人先生の講話を聴いた
約110分間のうち、30~40分間はTV番組に対する、苛立ちを覚えた本日の電話から私見を述べられた
『 TV番組は 99% 嘘です~』 作られている番組制作会社のこと、視聴率優先で内容が吟味されていないことなど
非常識なことを当たり前として、対応する人々の製作集団だと・・・・感情的に話された
聞きながら、なるほどと納得する部分がずいぶんあったので、今後のTVなどメディアに対する考え方を再検討するきっかけにもなった話が始まりでした

そして本題の歴史資料については、本郷先生が鎌倉~室町・戦国時代までの中世を専門とされているので
そんなくくりで研究する題材が日本史にはあるのだと思いつつ聞く

世界の中でも日本は歴史資料が一番残っている国柄だと
専門の鎌倉時代の資料を調べて、編纂する作業の時間的な大変さを説明されて・・・・・納得

資料を読む ⇒ 史実を復元する ⇒ 史像をうみだす ⇒ 史観を想像する

例の崩し字を読み下すだけでも大変なのに、活字にされた漢文をすらすらと読み下すことろはさすが専門の先生だと感心
武士そのものについても、時代の変遷とともに解釈がずいぶん違っていることを知るいい機会でした

この公演が公文書館で終わってから、そのまま三木町交流プラザまで車を走らせ
 プチミュージカル 「私のあの消えた 赤い風船」 を観る

地元では人気があるのだ・・・・800席がほぼ満席状態
例年のことながら、
最後の小学六年生の女子がお礼のあいさつで述べられる話に感動させられた

色々楽しめる事満載のミュージカル、スタッフの方達・・・・本当にお疲れ様でした
また来年も楽しみにしています

三木町文化交流プラザ1   プチミュージカル2



スポンサーサイト
この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<悪魔のような教師 | メイン | 住宅の試行>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ryoken.blog3.fc2.com/tb.php/2997-b42fc025
| メイン |