FC2ブログ
スイーツ 二店舗
- 2019/02/08(Fri) -
羽立峠から朝日2 ショップカード3

朝三時半に起き出して、高松東ハゼの家庭倫理の会へ出席
実践報告を頼まれていたので、7分間スピーチを済ませる

7時過ぎに津田まで帰り、羽立峠まで来ると 雲の合間に朝日の昇るところだった
車を停めて、カメラで写す
いつもこんなに早く起きないので、早朝の時間に余裕がある
そして再び、午前中に高松へ
帰りに、香川のスイーツに掲載されているお店を探訪してみようと2店舗立ち寄る

松島町の<ル・タン・デ・スリーズ>
丸の内の<リュ・ド・シュープリーズ>

それぞれのお店で、チョコを購入して帰宅する

スイーツの魅力は視覚に訴える美しさとどんな味がするのかと、見る側の心を膨らませる味の予感です
値段も安すぎると期待しなくなるし、高価すぎると権威主義的で買う心が萎んでしまう
心弾むようなデザインの楽しさと、口に含んだ時の触感、食べた後に残る甘い余韻
そのすべてが総合的にお手ごろな価格で楽しめる

ディテールに神が宿るという言葉があるが、
パティシエのスピリッツを小さなチョコとして味わうことができる楽しみとでもいえそう

一口で含めてしまう、インチサイズ立法体の中にどんな個性を込めることができるのだろうか
何処かで見かけたような気もするが、変化を加えながら一歩前に踏み出したような新しい試みを
そのチョコから感じ取ると、感心させられる瞬間でもある

チョコファンにはお勧めの三本松のリュトロバイユと同等に品質とチョコへのこだわりを感じる2店舗です
特に<リュ・ド・シュープリーズ>パティシエの書かれた、細かい配合比と成分の記載は好感です

紅茶とこのチョコを摘まみながら、仕事開始~

シュープライス1 シュープライス2

スリーズ1 スリーズ2





スポンサーサイト
この記事のURL | 菓子・料理・飲食店 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<住宅の試行 | メイン | 山本忠司展>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ryoken.blog3.fc2.com/tb.php/2995-7af9da69
| メイン |