FC2ブログ
霜の降りた朝
- 2019/01/30(Wed) -
橋の下のアオサギ1 長島神社と小豆島

ピーンと張り詰めた冷たい空気に包まれ、夜明け前の空を見上げると 南に三日月が鮮明に浮かんでいた
そしてMセミナーも終了して、陽も昇りかけると、駐車場の車の屋根やボンネットは白く霜が降りているのが分かる
三本松から帰宅して西代川の橋のたもとを見ると、アオサギが霜をよけるように水面に足を入れて一人休んでいる

家の屋根より、橋の下のほうが霜も降りなくて寒さしのぎになるのかと・・・・アオサギの気持ちになってみる

庭の鳥用のオレンジの餌は確実に食べてくれている
またおいでと・・・・・・新しい餌と交換

午後から時間が取れたので、再び岡山の長島愛生園へ
前回、観ていなかったところを確認する意味で訪問する
小高い山の上に納骨堂があるので徒歩で向かっていると、樹木の向こうに2~3匹のシカが見えた
私を見つけると、さっと裏山の方に走って逃げた・・・・・  こんな小さな島にも野生のシカはいるのだと感心させられる

そういえば、来る途中に植林している桜の幹回りに鹿除けらしきネットが頑丈に取り付けられていたことを思い出す

ハンセン氏病の入所者の最初に入ってこられた突堤と収容所(回春寮)を見学、 明石海人の目白寮・・・・恵の鐘

何處を見ても、入所された患者さんたちの想像を絶するご苦労がそこには横たわっている
観れば見るほど辛さが増すが、また反対にそれでも希望をもって生きた人たちが暮らしていたことを想うと
中途半端に生きてきた私でも、心の底から励まされているような気になる

丘の頂上から長島神社越しに小豆島の抜けるような青さを背景にした景色の澄み渡った空気を胸いっぱいに吸い込みながら

ここでどんな思いで過ごされたんだろうと、患者さんとスタッフの皆さんの生活を想像した

オレンジ2  オレンジ4

明石海人2  回春寮1

回春寮3  回春寮4



スポンサーサイト
この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<雪のあと | メイン | 感情が切れない生き方>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ryoken.blog3.fc2.com/tb.php/2990-bda37567
| メイン |