FC2ブログ
栗きんとん
- 2018/10/12(Fri) -
栗きんとん2

朝夕の冷え込みは、もう秋なのだと静かに教えてくれる
いつものシャツの上に カシミヤのセーターを羽織って 防寒はちょうど具合がいい
この寒さは、衣替えが来たことも教えてくれる
いろんな服を着れるその楽しみも、一緒に連れてきてくれると おもいつつ
クローゼットの中を覗きながら、イメージを広げる

ティーブレイクは、恵那寿や の 栗きんとん
紅茶と共に
栗の香りを味わいながら、甘すぎない味わいが、口の中で溶けるような広がりをみせて・・・・秋を堪能

昭和初期生まれの作家が、明治・大正生まれの作家たちのことを書いた
『捨身なひと』 小沢信夫 著

鋭く辛辣な批評で知られた、花田清輝も登場する
詩人の 中野重治も・・・・気になる先輩作家たちを、 この作家はどのように受け止めてきたのであろうかと
意外な一面の切り口を新鮮に感じながら読ませてもらった


捨て身な人2
スポンサーサイト
この記事のURL | 書道・書棚から・整理整頓 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ことばをたいせつに | メイン | ジンジャー>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ryoken.blog3.fc2.com/tb.php/2922-574d9d8c
| メイン |