FC2ブログ
道具の手入れ
- 2018/09/23(Sun) -
盛花直立型2

墨を摺る時、気持ちよく墨が下りるときは素早く黒い墨がにじんでくる、しかし長く使っていると、鋒鋩(ほうぼう)の間に洗い落とされない墨が詰まってきて、気持ちよく墨が下りなくなる
そんな時、まとめて、硯用の砥石(ナグラ)で硯に研ぎを掛けると、見る見るうちに細かな鋒鋩(ほうぼう)が甦ってくる
乾いたときに、光にかざすと小さい突起がよくわかる
電子顕微鏡で、この鋒鋩を観た写真は、岩の繊維のままに複雑に絡み合って硯の表面を形作っていることを知る
よく使う五個の硯を濡らしながら砥石で研いでみた
手持ちの硯は、ほとんどが中国製の端渓硯、赤いのは山口県の赤間硯(作家:堀尾信夫 作)
一番のお気に入りは、丸みのある端渓の硯、使いやすさもサイズもちょうど。

さっそく、研いだ硯で墨をすると・・・・気持ちよく墨が下りる、見る見る間に黒い墨が硯の丘を染めてゆく
そして、また筆を使う意欲もそそられてくる

そして、切れ悩んでいた、生花のハサミや包丁も中砥石、仕上げ砥石で研いでみた
プロのようにはすっきりと研げないが、大工さんがしていた姿、youtubeで見かけた刃物の研ぎ方に見習って懸命に研いでみた
道具は、 『 いいものを買って、きちんと手入れして、長く大切に使う 』 を心がけている
休日ならではの、作業です

土曜日には、二週間ぶりの生花の稽古
月末の研究会用の稽古 盛花・直立型
ホトトギス(5)
ケイトウ(3)
丸水盤に生ける

手入れ1  手入れ3

手入れ2

スポンサーサイト
この記事のURL | デザイン・クラフトマンシップ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<雲の合間の青空 | メイン | リフィル>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ryoken.blog3.fc2.com/tb.php/2914-2f19a011
| メイン |