FC2ブログ
Introduction(書き出し)
- 2018/07/08(Sun) -
O・Henrys

小説の書き出しは、書き手にとってどんな思いで始めるのだろうか?
又吉直樹さんが、小説「火花」を書いたときに、書き出しの文章は、落語の『出囃子』 と似ていると言っていた
書き手が最も気持ちを込めるところでもあり
これから始まる、物語の導入部は、読み手に取ってどんな物語が始まるのであろうかと期待が膨らむところでもある


The cop moved along the street, looking strong and important. This was the way he always moved. He was not thinking of how he looked. There were few people on the street to see him . It was only about ten at night, but it was cold. And there was a wind with a little rain it.
パトロールの警官が勿体をつけて大通りを歩いて行った。勿体をつけるのは見栄からではなく、くせだった。その証拠に、見ているものはなにもなかったのだから。時間はやっと夜の10時だったが、雨もよいの冷たい風のため、街路に人影はほとんどなかった。


高校一年生の私たちに 英語(グラマー)のM先生から最初の授業で手渡された英文のタイプで打たれたその用紙には、上記の文章で始まる英文が並べられていた。
そして、この 『After Twenty Years:20年後』 というオーヘンリーの短編小説を最後までひと段落ずつ生徒が訳して進めるという授業だった。
50年も前の県立三本松高校での英語の授業だったが、教科書でなく、アメリカの小説で始まる英語は、あまりにも新鮮で心に響いた授業だった。校舎も建て変わり、教師も亡くなり風景も一変したが、今でもその授業風景が思い出される。

この作家の意外な状況描写から始まる出だしと粋な表現のダンディズム・・・・・・・そして最後の巧妙な結末。
15歳の私は、この作家の文章表現の格好いい魅力に感心させられた。

翻訳されている市販のオー・ヘンリー短編集では、原書のニュアンスが少し違うのがよく判る。
もう少し英語圏の人達のニュアンスが伝わるような受け取り方が出来ないだろうかと、長年日本語で生活してきた身にとって歯がゆいところでもある。

英会話ができるのは晩年になっても憧れでもあるが、原書をすらすらと読んで見たいというのも念願だった
忙しい仕事の合間に、書道や生け花を学びながら・・・・ついでに英語もと考えた。
そこで、
英語の<レベル2:TOEIC@350点以上/英検3級以上> という 語学上達の秘訣から この本を選んだ。 

最初の「出囃子」にも似た書き出しの文章のニュアンスをそのまま感じて受け止めたいと思い、
ついでに、英語の読解力を身につけようと、O・Henry’s の小説から始めたところ・・・・

ティーブレイクは、友人から手土産で頂いた神戸プリンとゼリー。
来月課題の調和体の稽古。


神戸プリンとゼリー  調和体 6月号






スポンサーサイト
この記事のURL | 書道・書棚から・整理整頓 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<月とカラス | メイン | 大雨の中を>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ryoken.blog3.fc2.com/tb.php/2871-53f99258
| メイン |