FC2ブログ
バリアーのあるレストラン
- 2018/06/27(Wed) -
駐車場ウエリントン
 11時開店の前から駐車場に車が入ってくる。
営業開始のドアがオープンする頃には10台は来ている
中に、養護老人ホームから来られたと思われる車が3台
付き添いの介護者の手助けを受けながら杖を突いて、または手押しのカートを押しながら玄関までこられて
玄関脇の手摺につかまり、介護の人の支えを得ながらお店の中へ入っていく
その間にも、中年の女性の人達が席を奪うように足早に入口へ
オープンして間もなくの11時頃の来店客層は60歳以上の人がほとんど

そして11時半には駐車場も満車、外で入れなく止まっている車もある
店内は満席でウエイティング席にも並び立ち座れない人が、受付で記名だけして外に出てきている
外の喫煙できる灰皿の前で、サラリーマン風のグループが喫煙しながら雑談している

早く来る人は、このお店が入口も店内も段差があることは承知の上で来られている
このお店の売り物のハンバーグは来る前に、要介護の施設でここに来ることを承諾するか、期待して来られているのだろう
又は、一つのレクレーションの食事タイムかもしれない・・・・

入口などの段差はそれを乗り越える覚悟を決めている、介護する人の手を煩わせても‥‥このお店のハンバーグを食べようという意気込みさえ感じる
歳の頃なら80代後半から90代の人達と思われる杖を突いてこられている人たちを観ながら、バリアーフリーで無くてもかまわん!
総入れ歯の私たちが生きてる間に旨いランチを食べたい!
介護の人に腕を支えられながらすり足で車から玄関へ進んでいる老人たちをつぶさに観ながら幾つもの感心するシーンを見せられた

幾つ年をとっても、旨いものを昼から食べたい!
階段というバリアーがあっても、入っていく!

店舗を設計する身としては、勝手にバリアーフリーにこだわって要介護の人達への関心ごとを中途半端に観ていたのではと反省させれた
90歳を超えた、総入れ歯の人達に対しても、本当に旨いハンバーグを作るとお客様はバリアーを乗り越えてこられる。
そんな励ましにも似た、階段を上がって入るお客様の光景を観ながら・・・考え方を少しシフトしなくてはと再考を促された気になる

そして、リフォーム工事の泉さんのブルーシートを張った仮設には感心させられながら・・・・大工工事のスタート

昼から山の上で、電柱の移設と鋤取りの準備、確認申請上の進入路の最終確認

急遽ホテルの支配人さんから電話・・・三本松ではユニットバスのカランの補修の立ち会う

仮設1  仮設3

山の上3  カラン コマ交換1








スポンサーサイト
この記事のURL | 建築・民家再生・住まい方 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<楷書の稽古再び | メイン | 信頼関係の構築>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ryoken.blog3.fc2.com/tb.php/2864-aa6350af
| メイン |