FC2ブログ
生きがいを感じる
- 2018/05/08(Tue) -
生きがいについて

どこでも一寸切れば私の生血がほとばしりだすような文字、そんな文字で書きたい、私の本は。今度の論文も殆どそんな文字ばかりのつもりなんだけれど、それがどの位人に感じられるだろうか。
体験からにじみ出た思想、生活と密着した思想、しかもその思想を結晶の形で取り出すこと・・・
    :神谷美恵子の日記:1960年7月3日

今月から始まった、NHKの100de名著『生きがいについて』
解説は若松英輔。
著者も解説もお気に入りなので、このシリーズは見ないでいられない、さっそく本を取り寄せて、NHKの番組は4回分を録画予約

著者神谷はちょうど父親と同世代の人
戦前戦後を通して医療現場としてハンセン氏病の精神医師として生きることについて向き合わざるを得なかった経験を持つ
人が生きる上に置いて、どのように生きがいが湧いてくるのか、二つのことについてモノに対する生きがいと、心の生きがいについて
きちんと向かい合った、著者の眼差しには崇高な精神と励ましを受けるような感覚を持つ

また番組で開設される若松さんの説明がわかりやすく素晴らしい・・・

先日来の確認申請で悩み多い昨今・・・・心を癒してくれる

生きがいについて100分で名著

スポンサーサイト
この記事のURL | 書道・書棚から・整理整頓 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<忘れたころに届く | メイン | ゆっくり動く>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ryoken.blog3.fc2.com/tb.php/2834-839fbc55
| メイン |