子供を育てる
- 2018/04/30(Mon) -
宇宙からの帰還
今日、友人と話をしていて思い出したいくつかのこと
教育というのは英語で  Education という
 educe 才能を引き出すという言葉からきている

そもそも才能や資質は個人に備わっている
それを引き出すのが・・すなわち教育であるという考え

そしてこの本は、宇宙飛行の経験から
どんな経験をしたのか、その言葉を聞き出そうとインタビューする・・・・宇宙飛行士に対する立花隆の言葉
35年前のその本のことをうろ覚えながらいくつか心に残っていた
そう思って、本日本棚から探してその部分を開いた

懐かしい部分に、年号を記載してメモがある
そして、アメリカインディアンンの教えのコピーが挟んであった
それは、我が家の食堂と居間の間の柱にピンナップしてあったもの

子供が出来て、どのように育てるべきか試行錯誤していたころ、加藤諦三さんのこの本に出会った

我が家の子供に大切なことを伝えようとするときは、このメモの前で話をしたり、注意していた・・・  

私自身は母親から怒られたり、叱られたような記憶がほとんどない
いつも褒められたり、励まされたりしていた
私のマスカケの手相を見て 
 「 お前は幸運な人生を送れるから心配しなくていい 」
 「 その額のホクロは出世ホクロだから・・・きっと出世する 」 
などと いつも励まされていたことを思い出していた

アメリカインディアンの教えのままに育ったとは思わないが、それに近い教育だったと親のしてくれたことに感謝し
子供たちにも、どれほどの教育をしてこれただろうかと・・・・・この本のことや昔のことを懐かしく思い出していた

こんなインタビューは初めてだ ドロシー・ロー・ノルト アメリカインディアンの教え1 

スポンサーサイト
この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<メンテナンス | メイン | 枝ぶりと空間>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ryoken.blog3.fc2.com/tb.php/2829-b236f9b9
| メイン |