FC2ブログ
ほんまもん001

人生のリセット

建築を考える時、ある手法なり工法を確立した後、それ以降はバージョンアップなりリピートする事で
新しい計画をスターさせる事は、設計者としては容易である

其れとは違う方法として
最初から考え直すときのエネルギーを考慮すると半分以下の労力で進められるかもしれない
でも、その手法はいいのだろうか?という・・・・えも言われない後ろめたさが、私には感じる

そもそも、建築は費用を負担する施主がいるわけで、その人たちの考え方や今までの生き方と
共同作業をすることが設計のスタートで、自分の手法なり工法が優先する訳ではない
今までの作風を見て、よく似たものを要望される場合もあるが、白紙の状態で計画がスタートする場合がほとんど
そして常に時代が変化し続けていることが、もう一つの社会的な背景として毅然としてある

そんなことを考えながら、計画中のシンプルな2階建ての住まいの事を考えながら・・・・過ごしている
掃除をするときも、庭木に水を遣る時も 共同作業の特殊性を形や工法や工務店とのチームワークを
脈絡もなく、ぐちゃぐちゃに 脳裏の中を巡らせて いつも 考えている

すっかり食べつくされたコクチナシの葉がほとんど新芽入れ替わり新緑に覆われて、防虫散布が有効だったと思う
新芽のラベンダーや千日紅その他いろいろ
植物を見ながら、時代を反映させる特殊性を成立させようと 計画中の建物の考え方を今日も考える

ラベンダー12  コクチナシ345

トゲのある65  ランタナ43

千日紅43  リンドウ小菊43






スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.