FC2ブログ
ほんまもん001

シリア難民女性の生き方

昨夜のBS1スペシャル:ドキュメンタリー番組『偽りの結婚~追い詰められたシリア難民女性~』
ずいぶん待たされて、シリアから逃れてヨルダンまで来たが
ただ一人で生きてきたこの一年・・・・・親にも言えない経験と辛い偽装結婚の心の傷
イスラム教シーア派の慣習は私達にはほとんど分らないが
それでも、避難民の苦難と生きて行く辛さは理解できる

19才の女性とは思えない、しばらくして家族が住むというオーストリアへ行く前に見晴らしの良い丘に登って来た
涙ぐみながら、もう二度と泣かない、決して泣かないと自分に言うその表情は三十代半ばか四十代の女性の顔だった

女優が涙を流しながら泣くシーではなく、真実のみが表現できる深い悲しみをその涙に見た
生き抜いてゆくために、不本意ながら本当に「ムトア婚」と言われるイスラム教シーア派の合法的な慣習になっている、売春行為
を受け入れて数か月、予定していたお金はもらえず、希望もなくした
また、「ムトア婚」を紹介する、シリア人女性もそれなりの背景をもって生きていた
自分が生きるためにムトア婚を受け入れ、それ以外に仕事がなく子供にも言えない紹介業をする後ろめたさをもって生きていた

それでも心を救われる、女性たちがこのヨルダンの地にもいた
動いたら自分は変われるんだという信念と経験をもって声をかけて行く女性・・・
家の中にいて、動けないムトア婚の後遺症で鬱状態になっいる女性に、外に出ましょう・・・動きましょう・・・・
きっと変われるから・・・と励ましながら、化粧の仕方、美容の方法、裁縫の事など生きて行くために手に職を着けようとする
シリア難民の女性たちの健気さに感動した
そして、間もなくオーストリアまで行く旅の準備、最初にするのは
この難民の人達に残してゆく衣類の品物を選び出している
辛く悲しい経験を何度も経験したのに
自分の為でなく、ヨルダン後に残っている人たちへ品物を残してゆくことを優先する
この少女たちの生き方に私の心は震えた
この番組を取材して根気よくシリア難民の女性たちの心のうちまで聞き取り
映像に反映させた女性ディレクターの熱意には感心した
10年以上前に見た番組、中国から来た留学生の人達を取材した中国の女性カメラマンを思い出させた・・・・・
そんな心奥のヒダまで充分迫るようなドキュメンタリー番組だった

今朝五時の大川オアシスからの東の空はどんより淡いピンクの曇り空だった

シリア難民女性の生き方21  ほんのり朝日2






スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.