FC2ブログ
ほんまもん001

いまを生きる力

五月から計画を始めて、今週外壁の工事がほぼ完了。
今朝は内装リフォームの工事の請負契約を済ます
計画と設計・工事金額の調整で約五か月、工事は一か月半。
施主の希望と実際に掛けられる費用から割り出せる内容を調整するとき
納得のいくレベルとそれに要する時間・・・・毎回そうだが。
工事費用と内容を詰めるのが一番労力を要する。
週末から内部養生、週明けから内部解体スタート <塩上町の現場>

夜はサンポートホールで「スミセイライフフォーラム」 新井満・五木寛之 講演と歌

一部の最初は、新井満さんの講演と歌。
友人の奥さんが40代で亡くなった縁で「千の風になって」を作ったいきさつ
その後のその家族の、娘さんが後に結婚するとき、この歌とお礼のあいさつ文を朗読

五木寛之さんは昨年、志度音楽ホールで聴いた内容と前半は同じ
メモ用紙を持参して講演開始  「今年9月30日で、84才になりました、満でです・・・・・・・拍手」で始まり
1932年・昭和7年生まれの人達の事説明。
「花の7年組」の人達の事。(岩城博之・小田実・白戸三平・石原慎太郎・・・・・野村佐知代まで)
この街へは30年間で20回は寄せてもらっています・・・・・あと何度来れるでしょう?
シルバー川柳の4首をユーモアを交えて話す。

後半は、高齢者のアルツハイマーについて回想療法が良いという話を自分の例を交えながら
ささやかなことだけれど、その事を思い出して何度も振り返ると・・・・だんだん鮮明になってくる
聞いてくれる人がいると、なお更良い。
聞く人は何度も聞いていても、初めて聞くように、うなずきながら聞くことをお勧めします。

ウツについて当用漢字で鬱が新しく入ったこと。
心と体を健康に保つ自身の方法について

吐く息を大切に⇒ため息をつく
左足が不自由で引きずりながら歩くので、先日国立大学病院の先生に診てもらったが・・・・
『レントゲン写真を見て判断するだけで、実際に私のからだを触ろうともしないしズボンをまくる様にと観ようともしない
医者は、これではダメです。 』少し感情的に医者に対する不信感を説明・・・・
認知症には・・・・
回想法、思い出話をするのが良い!・・・・何度もその事を繰り返しながら
医療に頼りがちであるが、自分の面倒は自分で見る。
成長よりも成熟を・・・・
ルネッサンス期のイタリアをイメージして・・・・
昨年より幾分足の引きずり方が目立つようになったこと
白髪が更に白くなったように見受けられたこと

矍鑠(かくしゃく)として、最後まで背筋を伸ばして講話された。

途中休憩前に、プレゼントの紹介を新井満さんがステージに出てきてスピーチ!
椅子の裏に当選者はシールが貼っています!
立って椅子の裏を見ると・・・・あった!!
私は、幸い最前列で聴くことが出来、1100名中⇒30名に抽選で当たるという非売品の<CD>が当選!!
この講演会は最後まで幸運でした。

        フォルム外観11             生きる 講演会1

生きる 講演会12  生きる CD1





スポンサーサイト



ほんまもん001
Posted byほんまもん001

Comments 0

There are no comments yet.